慣れてくるとよく使うサイドキャストでの投げ方のコツ

サイドキャスト
キャスティングのベーシックなスタイルはオーバーヘッドキャストだ!と言われてますけど、
コントローラブルな観点からすれば、サイドキャストのほうが優先されます。
前後左右、遠近ともにあなたが着水させたいところへ落としやすいメリットがあるんです。
それを実感してほしいと思います。
もうひとつ、着水音を抑えられるので即バイトが期待できるのもメリットといえるでしょう。
バスフィッシングに対する引き出しを増やすためにも、サイドキャストへの認識を変えるところからリスタートしてみませんか。


サイドキャストの投げ方

右利きの人ならロッドを自分の右側に水平になるように倒し、バックスイングをして前方へ押し出すようにフォロースルー。
スプールを抑えた親指を離すタイミングを変えるだけで、真正面・そこより左・または右と、着水位置を微調整できます。
当然スイングの強弱で、遠くへ投げたり手前へ落としたりも可能ですから、まさに変幻自在!
オールラウンド対応のキャスティングとなり得るでしょう。
ラインは12ポンド以上、ロッドはライトアクション以上がオススメ。
あまり肩やひじに力を入れず、ゆったりふんわりがトラブルも少なくアプローチできます。

サイドキャストを用いるのは、こういう場合に

オーバーヘッドキャストでは入れにくい対象、例えば木の枝がせり出してオーバーハングしているポイントなどに、サイドキャストを利用したいですね。
しかしながら先ほども述べたように、このキャスティングはオールラウンド・オールマイティですので、オープンウォーターに対しても問題なく活用してもらえます。
実はバックラッシュになりにくいし、ルアー弾道が低く風にも強いので、もうこのキャストしかしてないよ!
という釣り人が結構おられます。
信頼度が高いということでしょう。

関連動画はこちら

サイドキャストのコツを伝授

自分を真上から見下ろした図をイメージしてください。右利きの人の場合、ロッドティップを前方45度の角度まで持って行き、そこから後ろへ、背中のほうに向けてバックスイングに入ります。
全てのキャスティングにおいて、力強くおこなうのはバックスイング。
そこからのフォロースルーはゆったりでかまいません。
いかにしっかりとしたバックスイングでルアーのウエイトをロッド全体に乗せられるか?
弧を描くように曲げられるかに、キャスト成功の是非はかかっています。
集中して狙ったポイントを撃ち抜く感覚を持って、アプローチに入ってください。