流れ込み・インレットでのブラックバスの釣り方

インレット
とりあえず皆が殺到する流れ込み付近。
エンジン全開でここに到達を試みようとする釣り人が後を絶たないので、朝一の流れ込みは落ち着いて釣りができません。
「そんなに波を起こしたら釣れるものも釣れなくなるよ!」いくらそう説いても聞いちゃいません。
他人より釣りたい!
自分がいい思いをしたい!そんな欲求丸出しの人に、バスは釣れません。
はっきり言いましょう、釣り場で他人に配慮できない人は、釣りをする資格なしです。
だからここでの態度は、いろんな人から見られていると思ってください。
自分にマナーが備わっているかどうかは、流れ込みにおける立ち振る舞いで判断されてしまうのです。

さて、人的プレッシャーが高く水も澄んでいる状況が流れ込みの特徴とすれば、あまり釣れないと想定したほうがいいでしょう。
時間が経過し人混みが徐々に消えてきたら、やっとロッドを握れるんだと思ってください。
それでは流れ込みについて解説していきましょう。

大人気!流れ込みとはこんな場所

例えば池には無数の流れ込みが存在します。
ほとんどが雨水や湧き水が水源で、山と山のつなぎ目である谷を水が流れ落ち、流れ込みを形成しています。
最近の雨水は酸性が強く、バスどころかほとんどの魚はこれを好みません。
直接雨水が流れ込んでいるところよりも、土に染み込んで湧き出て流れ込んでいるところに集まる傾向が強いです。
魚のエラや表皮は敏感で繊細、そこに直接酸性の水が触れることを嫌うからでしょう。
リザーバーでも最上流部を狙うより、浮きゴミの多い水面に流れ込んでいるところや、
湧き水として一旦溜まってから流れ落ちているところを選んで攻めるようにしてください。

関連動画はこちら

流れ込みの攻め方

小さいルアーはタブーです。なぜならエサにしか見えないから。
それではルアーフィッシングをしている意味がありません。
その流れ込みにエサを食べに来た!と思わせる大きな魚と同じフォルムのルアーを用意してください。
そしてバスに思い込ませるのです、その大きなルアーが、バスのエサをも奪い取りに来たのだと。
バスは烈火のごとく怒ります。
ラトル音を加えるだけでも怒りの度合いが変わりますよ。
そしてその怒りが頂点に達したとき、猛烈なバイトとなってルアーに噛み付くわけです。

バスが流れ込みに居着きやすい季節は

水温の上がりやすい夏に、バスは流れ込みに集まる傾向があります。
表層ではなく、底ベタで這うようにして近づくんです。
ルアーは大きなトップウォータープラグ、もしくはジョイントのスイムベイトが良いでしょう。
リザーバーでジョインテッドクローが効くのは、こういう理由があったからなんですね。

流れ込み・インレットでのオススメルアー

HEDDON(ヘドン) ルアー ザラスプークX9255SS
HEDDON(ヘドン)
売り上げランキング: 386,916
メガバス(Megabass) ルアー MAGDRAFT(マグドラフト) 5inch ヌードオイカワ
メガバス(Megabass) (2015-08-17)
売り上げランキング: 80,618

河川の上流側に行くと多く見られる流れ込み。
常に新鮮で酸素密度が高い水が流れ込んでくるため必ずバスが着きます。
川だけではなくダムなどでも水が流れ込んでいるところは高ポイント!
注意点としては下流側からキャストすること。
バスな水の流れに向かって泳いでいるので、上流側では人間の存在に気付かれてしまいます。
このような場所に、他のストラクチャーがある場合はそこもポイントになります。