THE STRONG POWER BAIT Vol.70 和歌山県 合川ダム

アピスTVより和歌山県合川ダムでのボートバスフィッシング。寒い2月の雨の日なんて。。。釣りに行きたくなくなります。

雨の日のバス釣りは、釣り人にとっては嫌なものですが、快晴の日よりも釣りをするには好条件がそろっています。雨の日は快晴の日と違って、下記の点が有利です。

  • 雨音で物音をカモフラージュできる
  • 水中から人影を見えにくくできる
  • 低気圧の影響でブラックバスの活性が上がるらしい
  • なんといっても、他の釣り人が少ない!

ワーム自体が細長い小魚の形をしていて、名前の通りワームの中に空気が入っているようです(頭部分以外)。これにより浮力があるので湖底にジグヘッドで沈めた時でも、ワームのお尻がピーンと上を向くんですね。空気が入っていることでワーム自体が柔らかくなり、ブラックバスのフッキングがより向上するようです。

ジグヘッドを付けて、泳がせて、少しのアクションをつける。ただこれだけの単純作業。深さを変える時はジグヘッドの重さを変える。簡単だけど2月でよく釣れていますね。