「ジグヘッドリグ」はフォールでもリトリーブでも食わせられる

ジグヘッドリグ
オモリとフックを一緒にした仕掛けのことをジグヘッドと呼びます。
これに任意のワームを取り付ければジグヘッドリグの完成。
主にスピニングタックルに結んで使いますが、最近のベイトフィネスタックルにも充分対応できそうなリグですよね。
非常にシンプルな印象のジグヘッドリグ、果たしてどのような場合に使えばいいのか、じっくり解説してみましょう。

ジグヘッドリグの使い方

ワッキーリグなどでは極端に小さいジグヘッドを用いますが、本来のバス釣りでは1/32オンスから1/8オンスまでの重さのものを使用する頻度が高いです。
フックは常に上向き、この辺がトラウトの釣りとは異なるところでしょう。
バスもトラウトと同じく上アゴが硬いので、フックが上向きだと貫通しにくいのですが、水底を直接触りに行くアプローチが多いため、フックが下向きだとたちまち引っかかってしまいます。
そこを配慮しての上向きフック仕様なのかとも考えられます。
いずれにせよ、この仕様のせいでバラシが多く、かといって力強くフッキングすれば、ラインに負担がかかってしまいます。
ここは釣り人の技量の見せどころでしょう。

関連動画はこちら

ジグヘッドリグをよく使用する季節

春と夏でしょうか。
厳密にはオールシーズン有効なのですが、春のスポーニング対応と、夏の垂直岩盤攻略には欠かせませんから。
春はシャローで小型のバスを探します。
ほとんどがオスなので、そこに向けてグラブをリグって投入。
オスはすぐにかぶり付いてきます。でもフッキングしてはいけません。
そのまま泳がしていると、プイッと吐き出してしまうでしょう。
それがシャローのままなら回収、シャローより深いところへ持って行ったなら、しばらくリールハンドルを回さずに放置してください。
オスの動きを沖の深場からメスが観察していますから、何かくわえてきて目の前に捨てたと知るや、いきなり攻撃!を加える可能性が高いのです。
まるで散歩の飼い犬が何かを拾って飼い主に報告している感じがしますよね。
これによってプリスポーニングの巨大なメスを釣ることができます。
夏は垂直岩盤エリアでしっかり落とし込むときに用います。
ラインのフケや微妙な左右の動きに注意してください。

ジグヘッドリグをよく使用するポイントは・・

シャローや岩盤に絡むカバーでしょう。
沈木は引っかかりやすいので、ウイードがおススメです。
水中にびっしりと生えたウイードにジグヘッドリグを引っかけては外しながら、バスを誘ってみましょう。

ジグヘッドリグで使うテクニック

カーブフォールやフリーフォールが有名ですが、引っかけて外すハングアップオフや、そのままラインをピンと張って何もしないロングステイも効きます。
色々なテクニックを応用しながら、ビッグバスにチャレンジしてくださいね。