クローワームはザリガニの脱皮する時期に使うと効果的

クロー
クローとはエビの形をしたワームのことです。
エビというより、その大きな両手のハサミが特徴ですので、ザリガニワームと言ったほうが適切でしょう。
エビはあとずさりして逃げるだけですが、ザリガニは違います。
ハサミを振り上げて立ち止まり威嚇しますからね。
どうもこの威嚇がバスの闘争心に火を付けるようで、丸ごとガブリ!と食べられてしまうケースがほとんどです。
ときどき釣り上げたバスの口から、ぷいっとハサミの部分だけ吐き出されることも。
なんともむなしくはかないですが、バスがそれほどクローにこだわってくれるのなら、
こちらも準備をして臨みたいものです。

クローワームの使い方

テキサスリグかラバージグのトレーラーにセットすると、どちらも効果的です。
着水して底まで落とし、ラインをピンと張る。
この一連の動き、“底を取る”というアプローチを理解し実践できたら、もうだいじょうぶ。
底をズルズル引っ張っても良し、ザリガニのように跳ねさせても良し。
あとはフィールドをよく観察して、ザリガニが好みそうな場所を選定してはクローワームをキャストするように心がけましょう。

関連動画はコチラ

クローワームをよく使用する季節は、春から夏!

甲殻類は必ず脱皮をします。
そのときは赤い色から薄いブルー(=ナチュラルプロブルー)に体色が変わりますから、クローワームもそれに合わせて交換してください。
春から夏にかけてよく成長しますから脱皮の機会も多く、バスに襲われやすい季節ともいえるでしょう。

クローワームをよく使用するポイントは・・

シャローエリア、そしてそこに注ぎ込む水路。
または日陰、そこからのブレイクライン。
そしてそれらに点在する沈下物を攻めてください。
岩陰などに潜むクセがありますから、引っかかることを恐れずにアプローチを繰り返すようにしましょう。

クローワームで使うテクニック

両手のハサミを何としてでも目立たせなければいけません。
ハサミの股の間に穴を開けてエサ釣りで使う細長いウキを差し込み折って、その状態で接着します。
すると水に入れたとき、ハサミが浮力で持ち上がり、まるで威嚇しているようなポーズを取ってくれます。
ウキの中にラトルを入れて音で誘うという手もあります。これはテクニックというよりはチューニング方法
なのですが、そのクローワームを用いて岩に引っ掛けながらロングシェイク!とかは、アプローチのテクニックと呼べるでしょう。
あまり素早く動かさず、バスに襲う機会を与えるのが大切です。

このルアーの使いやすさ評価

初心者での扱いやすさ★★★★☆
よく使う季節春、夏
使うテクニックボトムバンプズル引き
こんな場所でよく使うシャロー、水路、沈下物

このルアーはこちらで購入可能