スイムベイトはゆっくりじっくりリトリーブで誘う

スイムベイト
実はハードルアーにもスイムベイトと呼ばれるものがありますが、ここではワーム素材のスイムベイトについて解説してみましょう。
一般的に、ある程度以上のボリュームがあって、大きなオフセットフックを付けることができ、ベイトタックルでノーシンカー状態でキャストすることが可能です。
腰の部分がくびれていてジョイントになっているものが多いのが特徴。
テールはほとんどがシャッドテールの形状を採用しています。
まさに、泳ぐベイトフイッシュを模している状態で、ゆらゆらと泳ぐ姿にバスは確実に魅了されるでしょう。
ここではスイムベイトについて解説していきます。

スイムベイトの使い方

キャストしてガンガンに巻き続けるよりも、流れのあるところで流れに乗せて使ってみたいですね。
いわゆるドリフト釣法が、スイムベイトには向いているでしょう。
なぜなら、ボディの形状が流線的で水そのものになじみやすいようにできているからです。
しっかりと水をつかむというよりは、水と同化する!と考えたほうがいいのかもしれません。
上流から下流へ、スイムベイトを流しながら時折ロッドを立ててラインにテンションを与えてみてください。
スイムベイトの向きがちょこっと変わる瞬間に、テールがプルッと震え、ボディが左右に揺れてくれますから。
まるでバスを誘っているかのような動きに、バスのほうも耐えられるわけがないのです。

関連動画はコチラ

スイムベイトをよく使用する季節

これは水量が増えて流れがおきやすい季節がいいでしょう。
例えば、梅雨時。もしくは台風の多い秋口。
インレットに向かえば他の季節でもしっかり流れているので、オールシーズン効くともいえそうですが、まずは梅雨と秋口を狙うようにしてみましょう。

スイムベイトをよく使用するポイント・ストラクチャー

これはとても重要なのですが、ほとんどのバスフィッシングの場合、カバーやポイント、ストラクチャーを対象にしてルアーを投入します。
でも、もしそこで釣れなかったら、あなたはどうしますか?次の手はありますか?
そう問われて、ハイッ!用意しています!と応えられる人は、結構少ないんじゃないかと思うわけです。
そこで、このスイムベイト。
あえてカバーやストラクチャーに投げ入れるのではなく、流れそのものを対象にして、流れだけを追いかけてみると大変有効なアプローチとなります。
ぜひ困ったときに思い出して、奥の手として使ってくださいね。

スイムベイトで使うテクニック

早く巻き取ると回転してしまうケースがあるので、ゆっくりじっくりリトリーブをしてください。
つまり、スロー&ステディリトリーブがスイムベイトにジャストフィットなアプローチテクニックといえるでしょう。
しっかり水を動かして、バスに気づいてもらえるように泳がせてください。

このルアーの使いやすさ評価

初心者での扱いやすさ★★★★★
よく使う季節梅雨、秋口
使うテクニックリトリーブ
こんな場所でよく使う川、インレット

このルアーはこちらで購入可能

メガバス(Megabass) ルアー MAGDRAFT(マグドラフト)  5inch サンシャインギル
メガバス(Megabass) (2015-08-17)
売り上げランキング: 20,142