「ズル引き」は、見えない池の底を感じながら釣るのがコツ

ズル引き
ズル引きは、底の形や地質、そしてバイトを感じるためのテクニックです。
使うルアーは全てシンキングタイプ、それゆえに沈み、目に見えないところで起こっているあらゆる事象を想像しなければなりません。
なんだろう?よくわかんないや、ではダメ。
あなた自身がルアーとなって、水底を這っている気持ちになれなければ、マスターするのは難しいでしょう。
しかしながら、ズル引きを理解できるようになれば、バスフィッシングの根幹を得たのと同じことに。
是非真剣に取り組んで、自分のものにしてください。

ズル引きのアクションのつけ方

ロッドをタテに持ち上げると、着底していたルアーはふわりと持ち上げられて、ストンと落ちます。
さっきより少し手前に寄ってきているので、ルアーから見れば幾分前進したことになるでしょう。
このふわりの部分が発生しないように、ゆっくりとロッドをタテに持ち上げる。
このゆっくり感そのものがズル引きの適正スピードと合致するのです。
ズル引きのキモは、底を取ってから必ず底からルアーを切り離さずにズルズル引っ張ってくること、
ここに集約されています。
地形変化を情報として得ながら、例えば「あっ、今からブレイクラインだ」とか「溝にひっかかったよ」とか、そういう細かな情報とともに釣りをし続ける、とても重要なことなんです。

関連動画はこちら

ズル引きはこういう場合に使いましょう!

ズバリ!釣れないときに使ってください。
目に見えるカバーは全部撃ち尽くしたし、ライズも追いかけたけど今日は全然釣れない、そういうときにこそ最後の手段としてズル引きを思い出し実践するのです。
初めての釣り場にもいいかもしれませんね。
初めてだから、少しでも情報が欲しいところ。
バスフィッシングは間違いなく情報戦なんです。有効な情報をゲットして、ビッグバスに近づくようにしてください。

ズル引きのコツ

底からルアーを切り離さなければいいので、ロッドをタテに持ち上げずに、ヨコ方向に動かしていくのも一手でしょう。
これなら不用意に底を離れてしまうことは防げます。
しかし、ゆっくり引けなくなるケースが出てきます。
ルアーがふわりと待ち上げられなくなる分、油断しちゃうんですよね。油断はズル引くペースまでも狂わせます。
じっくりと冷静に攻める!これを忘れてはいけません。
ルアーはテキサスリグにリグったワームがオススメ。
大きめのカーリーテールなら、バスへのアピールもバッチリ。
昔、琵琶湖の下物沖しゅんせつ跡を主戦場としたバストーナメントでは、フロロカーボンラインの5ポンドにジャンボグラブのテキサスリグ、これでズル引くのが優勝パターンでした。懐かしいですね。