「ドッグウォーク」は、トップウォータープラグの必須テクニック!

ドッグウォーク
長めに言うと、ウォーキング・ザ・ドッグでしょうか。
犬の散歩を思い出してください。あちこちに首を振って興味あるものに惹かれてゆくさまが「ドッグウォーク」。
しかしこれは犬の話です。
実際水の上で左右に首を振りながら泳いでいる生き物など見たことがありません。
ということは、ここが重要なのですが、何か生き物を模倣させるためのアクションではない!ということになります。
では、ドッグウォークとは何なのでしょう?
詳しく解説していきましょう。

ドッグウォーク・アクションのつけ方

主にペンシルベイトになりますが、ラインを結んでキャストします。
ロッドティップを下に、水面に向けて糸ふけを取ります。
次に軽くジャーク、自分の足元へ向かって振りますが、すぐにロッドティップを元の位置へ戻します。
この戻すという行為が、ラインに弛みを与えます。
その先にあるペンシルベイトは、せっかく引っ張られたんだからそっちへ向かおうと動き始めるのですが、ラインが弛んでしまったので行き場を失います。
どうなるのか?
ヨコを向いてしまうんです。
左右どちらでもいいので、ヨコを向いたペンシルベイトができたらOK。
ドッグウォークアクションの始まりです。
そこからも同じように軽くジャーク・すぐに戻す、を繰り返してください。
首を振りながら泳ぐようになれば、あとはバスを釣るだけです。

関連動画はこちら

ドッグウォークはこういう場合に使います

杭や立ち木が水面に突き出しているシャローエリアでよく効きますよ。
それからベイトフィッシュの多い秋の河川や池・湖のインレットからブレイクライン周辺でもいい仕事をしてくれます。
ペンシルベイトをキャストしてタダ巻きで泳がしていても、バスは食い付いてきます。
一定のスピードで移動を維持しているから、無防備に見えるんでしょう。
それと同じ理由で、均等なリズムで首振りを続けるドッグウォークも、無防備をさらけ出しているように見えてしまうのかもしれません。
なおかつ、タダ巻きのときよりもドッグウォークのほうが水を攪拌している範囲が大きいですよね?
これが水押し(=ディスプレイスメント)となり、バスに火を着ける最大の理由となるのです。
自然界にない動きでもバスの本能を刺激するからこそ、ドッグウォークは有効なアプローチだといえるのです。

ドッグウォークアクションのコツ

小さくて短いルアーでは、なかなか思うようにドッグウォークしてくれません。
ヘドンのザラスプークくらいのボリュームがあればやりやすいのですが、もっと適応してくれるルアーがあります。
それはお腹周りにもボリュームのある、ヘドン・ザラ2です。
浮力が高いぶん、左右へのターンを切りやすくて便利ですよ。
実際に投げてもらうとすぐに動かしやすさを体感してもらえます。
糸フケを出すことを忘れずに、機会があれば何百投・何千投と繰り返し練習することを怠らないようにしてください。