ラバージグでよく使う「リフトアンドフォール」とは

リフトアンドフォール
シンキングルアーを使うと、着水したらそのまま沈んでいきます。
底に着いて引っ張り上げるのを「リフト」、そこからまた落とし込むのを「フォール」、繰り返し相互におこなうので「リフトアンドフォール」と呼びます。
これはロッドアクションを代表するやり方のひとつで、主にバスにルアーを見つけてもらいたいときに実施します。
フラッシング効果の高いメタルバイブや、ボディボリュームの変化で誘うラバージグにとっては欠かせないアクションといえるでしょう。
トーントーンと間隔を開けておこなうリフトアンドフォールなら、スピーディーに広範囲のエリアを探ることができますし、トントントンと小刻みなリフトアンドフォールに変えれば、底質の変化や点在する沈下物の所在を探知することが可能になります。
まるで釣り人の目がルアーに付いたかのような活躍を見せてくれることに、あなたは驚くでしょう。
釣りにはイメージの世界を現実のものに変換していく楽しみがあります。
目に見えない地形変化のことを「インビジブル・ストラクチャー」と呼びますが、それを把握できるようになれば、あなたの釣りは一気にレベルアップしていくことになるでしょう。

リフトアンドフォール・アクションのつけ方

ロッドを立ててリフトアンドフォールを発生させます。
まず、ルアーをキャスト。ラバージグにしてみましょうか。
着底したら糸フケをとってラインをピーンと張ります。
そのとき、ロッドはあなたの正面へ突き出すようにしてください。
そこから、あなたの顔に向かってロッドを立てていきます。
トーンと大きく振り上げてください。
そうすると、ラバージグは大きく跳ね上がって失速、また底へ向かいます。
今度トントンと小刻みに振ってください。
ラバージグは跳ね上がらずに、ほぼスライド状態でこちらへちょっぴり移動します。
このアクションは効果が大きいんですよ。
バスがラバージグを見ていて、いきなりトーン!が始まったら、スゥーっと追従していきます。
いきなりトントンッ!が始まったら、思わず食い付きます。
興味を引き付けるアクションと、食わせのアクションを使い分けることが可能なのです。
画期的でしょう?

関連動画はこちら

リフトアンドフォールはこういう場合に使います

リフトアンドフォールはいつ使うのか?
ズバリ、バスを見失ったときです。
いったいどこへ行っちゃったんだろう?そう感じたことってありませんか?
こちらからは見えない層にバスがいるだろうと予想するとき、それを確信に変えていくには、バスの反応が不可欠です。
ほんの少しのバイトでもいい!コツッと当たってくれたら、そのポイントで本腰を入れて釣りが始められる。
その手助けになってくれる情報を得るために、リフトアンドフォールを使うんだと考えてください。
しっかりアピールして、バスにかじってもらいたいものですね。

リフトアンドフォール・アクションのコツ

先ほどのトントントン!アクションのとき、ルアーは手前にスライドするだけと書きました。
しかしながら、慣れてくればトントントンでも小刻みに跳ね上げることが可能になります。
リフトアンドフォールのコツはまさにココにありまして、どのようなケースでも跳ね上げアクションに繋げられるようになれば、バスに見つけてもらいやすくなるのです。
ぜひ跳ね上げ!からの落とし込みをマスターできるように、練習を重ねてみてください。