「フリップキャスト」はスピーディーで効率的に釣りができる

フリップキャスト
フリッピングではなくフリップキャストです。
フリッピングはこちらをご覧ください。
これができるようになると、カバーを丁寧に連射することができるようになります。
時間短縮技だと考えてください。
巻き上げて、すぐ次のキャスト!みたいな。
最初は真上に打ち上げたりしますけど、それも楽しい笑い話になるでしょう。
フリップキャストについて詳しく解説してみます。

フリップキャストの方法

右利きの場合、ロッドを真正面に突き出しながらリールスプールを右手親指で押さえます。
そのままヒジを90度まで曲げて、元の位置まで真っ直ぐ伸ばします。
その動作ができるようになれば、今度は手首をヒジの曲げに合わせて少しだけ上下させるようにして、親指をスプールから離してください。
メカニカルブレーキやその他補助ブレーキは強めにしておくと、バックラッシュを防ぐことができます。
ルアーは15グラムくらいから始めて、ラインの垂らしは極短くしておきましょう。
ではもう一度。
ロッドを前に突き出して、ヒジを曲げて、伸ばすときにポーンと前へルアーを弾く感じ。
イメージはできたでしょうか?

関連動画はこちら

フリップキャストはこういう場合によく使います

穴撃ちに最も効果があります。
穴撃ちとは、カバーやストラクチャーに均等に隙間が空いている場合、そこへ連続してルアーを放り込んでいくアプローチのこと。
例えば、シーバスのガイド船などで護岸に空いている排水口をポンポンとリズミカルに撃っていったり、バスフィッシングでは沈木の複雑な枝と枝の間を連続で撃っていくのに適していることになります。
とにかくリズムとテンポ、これを意図的に作り出して、手返しよくルアーを送り込むことで数釣りと大物釣りを一気にこなしていけるのが、フリップキャストの極意といえるでしょう。
他のキャストではなかなかこうはいきません。
まずはバックスイングから入らなければなりませんので、キャストを終えるまでの時間が段違いなんです。
ボートに乗って釣りをする人は、必ず覚えてもらいたいですよね。

フリップキャストのコツ

間違いなく長くて張りのある、あまり硬過ぎないロッドを用いれば上達は早いでしょう。
目安は6.6フィートから6.9フィートのベイトロッド。
フックの付いていないルアーを用意してフリップキャストを繰り返しおこなうことで、距離感や力の入れ具合も体が覚えるようになります。
トップガイドに触れるか触れないかくらいのラインの垂らしを見つけてください。
あとは実践あるのみ、あまりに効率よく釣れるのでびっくりしてしまうと思いますよ。
でもテンポが上がらない人はちょっぴり苦労はするでしょう。
エレキを回しながら!とか、パドルを漕ぎながら!とかになりますので、忙しくなるのは覚悟してください。
その先にあるビッグバスとの出会いに思いを馳せながら、明日も練習に勤しむ!
これぞ釣り人ならではの理想的な姿かもしれませんね。