「スキッピング」のコツをつかんでカッコよくキャスト!

スキッピング
スキッピングは、某ショップのデモンストレイターさんが有名にしたキャスティングスキルです。
ルアーが水面を跳ね続けるように、まさにスキップするようにローアングルから投げるのが特徴で、そのスタイルに憧れた人は多いでしょう。
美しく均等に波紋を残せたりしたら、ビッグバスを釣ったかのような陶酔感に浸れます。投げ方も含めて、スキッピングを解説していきましょう。

サイドキャスト
アンダーキャスト

スキッピングの方法

18グラム前後のルアーをラインに結んだベイトタックルを用意してください。ロッドの硬さはミディアムライト、ラインは16ポンドもあればじゅうぶん。
ベイトリールのメカニカルブレーキをしっかり締めて、ロッドティップを身体の正面へ。」突き出したロッドティップにはさきほどのルアーがぶら下がっていますが、スルスルと下には向かいません。
それくらいメカニカルプレーキを締めるのです。ロッドを握った手を上下に揺すってみましょう。ルアーが踊りますよね。
その反動で少しずつ下へ落ちていくくらいに、メカニカルブレーキを緩めるのです。準備はこれで完了、あとはロッドティップを水面に向けて、しっかりとアンダーハンドキャストないしはサイドハンドキャストでロッドを振り抜いてください。

関連動画はこちら

スキッピングはこういうときに使おう!

キャスト軌道上にジャマになるカバーがある場合、それが水面より上なら、そのカバーと水面の間をすり抜けるためにスキッピングを用います。全てはカバーを見極める目にかかっています。これはすり抜けが無理かも?とか、ここならいけそうな気がする!とか、その場その場で判断できるかどうか、釣り人としての経験値が問われるわけです。でも安心してください、釣りに正解はありませんから。
自分が決めた判断を尊重し実践することが重要で、失敗をおそれずにチャレンジしてくださいね。

スキッピングのコツ

やはりしっかりと振り抜くスイングを心がけること。バックラッシュなんか気にしちゃいけません。
本当はメカニカルブレーキ以外にも、遠心ブレーキやマグネットブレーキを最大にセッティングして
挑んでもらうと、上達は早いでしょう。ルアーは体積のあるものより、小さめで質量のあるラバージグ
を結んでみてください。最初はスキップもしないし飛距離も出ません。それでもしばらくは各ブレーキを
再調整せず、自分の腕の振りだけで飛距離が伸びていくように、がんばってください。そうすると
バックラッシュが起きる原因がわかったり、非常に精度の高いスキッピングにたどり着いたり
しますから。

スキッピングでよく使われるルアー