「スパイラルキャスト」は、どんな場所でもキャスト可能

スパイラルキャスト
さまざまなキャスティングを練習してきましたが、気づいたことがひとつ。
それはロッドを振り回すスペースがあるかないかで、選択できるキャスティングに限りがあるということ。
上に木の枝があってオーバーヘッドキャストができません!
左右に草があって前方にしかロッドを突き出すことができません。
となると、まず思い浮かぶのがフリップキャスト。
それでもロッドを少し上下に振りますからね。
もっと制限され、より遠くへ正確にキャストしたい場合に!
今回ご紹介するスパイラルキャストを活用してほしいのです。

スパイラルキャストのキャスティング方法

ロッドにルアーをぶら下げて前方へ突き出します。
ベイトタックルでラインは16ポンド、ルアーの重さは18グラムくらいが投げやすいでしょう。
15センチほどラインをロッドティップから出してその先にルアーを結びます。
前方でぶらぶらするルアーが回転運動をするように、ゆっくり回してみましょう。タテ回転じゃないですよ!
地面と平行のヨコ回転でぐるぐる回してください。
右利きの場合でロッドを右手で持つのなら、回転は反時計回りがいいでしょう。
あとはクラッチを切ってスプールを押さえ、ベストのタイミングでリリースするだけです。
タイミング自体は何度か試し投げをすれば簡単に把握できます。
人によって異なりますし、ロッドの長さや張りによっても微妙に変わります。
あらゆるケースを試して自分のものにしておく準備は、好釣果を導く原動力となっていくでしょう。

関連動画はこちら

スパイラルキャストはこういう場合に使います

自分の立ち位置を見回して、キャスティングの邪魔になる障害物があれば迷わずスパイラルキャストを選んでください。
それから着水音を低く抑えたいときや、キャストの回数を増やしてアプローチしたいとき、風の影響が強くて弾道を低く水面近くを通したいときなどに効果があります。
釣り場が混み合っていていて隣りのアングラーまであまり間隔が空いていないときにも重宝しますよね。
あなたひとりだけスイスイ投げていると周囲から注目を浴びるのは間違いないでしょう。

スパイラルキャストのコツ

これはもうしなやかさと柔らかさ・丁寧さを意識することに尽きます。
エイヤー!ぶん投げスタイルでないことは理解してください。
全ての釣りのハジメの一歩は、自然に対してソフトなタッチから入るということを守らなければなりません。
釣り人が状況を乱す存在になってはいけない、全く釣れなくなってしまいますよ。
小鳥がさえずる音色も風が起こす葉の揺らめきも、状況の一部に成り切っているんです。
そういう自然との同化の一環として、釣り人の行為そのものが洗練されていったら、もっと魚に触れることができるようになるでしょう。
雑音とは真逆の位置にあるのが、あなたが操るスパイラルキャストになればいいですね。