「アンダーキャスト」で着水音を小さくキャスト

アンダーキャスト
釣り人の頭の上に木の枝があると、オーバーヘッドキャストは使えません。
また、胸の高さくらいの障害物に囲まれていると、サイドキャストも使えません。
もう少し下、そうです!
水面ギリギリの辺りをスイングスペースに考えておこなう投げ方を、アンダーキャストと呼びます。
野球でいうところのアンダースロー投球だと認識してください。
メリットはたくさんあります。
まず、着水音が小さいこと。小さければバスは逃げませんからね。
それからバックラッシュが減ること。
ルアーが飛んでいるときの軌道に高低差がなくて、ほぼ等速で飛べるのでサミングが決まりやすく、そのためにバックラッシュが激減します。
もうひとつ、先に書いたようにロッドを振るスペースの問題で、他のキャストが使えないときの切り札として活用できるのが大きいです。
せっかくの好ポイントをスペースがないからとあきらめたくないですからね。
ここではアンダーキャストについて解説していきます。

アンダーキャストのキャスティング方法

サイドキャストの要領でロッドを前方に突き出して、そのまま後方へスイング。
ロッドがしっかり曲がったら前方へ振り直してリールスプールから親指を離して、完了です。
それをもっと下、水面近くでおこなうのです。
飛距離を出そうとしないことが大切で、慣れるまで何度も繰り返し練習してください。
ベイトタックルを用意してラインは16ポンド、ぶら下げるルアーは15グラムくらいが投げやすいでしょう。
しっかりバックスイング!
ゆったりフォロースルー。
狙ったところに届くようになったら、今度は着水音がもっと小さくなるように丁寧なサミングを覚えるようにしてください。

関連動画はこちら

アンダーキャストはこういう場合に使います

周囲の障害物を避ける目的で使うケースが多くなりますが、そのうちに着水音の重要性がわかってきますので、通常の状況下でも多用するようになってきます。
右利きは右側スペースを利用しがちですが、バックハンドと絡めて是非左側スペースを使ったアンダーキャストにもチャレンジしてください。
慣れてくると左右どちらでも操れるようになります。そうなったら!強いですよ。

アンダーキャストのコツ

最初は下から上へ向かって投げていいでしょう。
ちょっと山なりの起動でもかまいません。
ふわりと打ち上げる感じでアンダーキャストを繰り返してみましょう。
そのうちに、スプールに置いた親指を離すタイミングが見えてきます。
ああ、だから上へ向かって飛ぶのか!ということは下へ、もしくはまっすぐ前へ飛ばすにはどうすればいいのかな?
こういう思考ができるようなると、一気に釣りの幅も広がってきますよ。
コツはあります。
でもそれは、日々の練習の中である瞬間輝き始めるものなのです。
目安は3分間で20キャスト、これを守ろうとする練習スタイルを編み出すようにしてください。
そうすればもっと釣りが楽しくなって、目に見える景色が変わってくること間違いなしでしょう!