岬はカケアガリをラバージグで狙え

岬

フィールドに出て湖や河川、池に到着します。
色々な地形が目に飛び込んできてどこから攻めようか迷ってしまいますよね。
ここでは地形変化に着目し、その有効な攻略方法を解説していきましょう。

強い岬と弱い岬、その実態は・・

山の中にある池で釣りを始めると、どうしても水のあるところに目が行ってしまいます。
当たり前じゃん!と思われるかもしれませんが、バスを探すことを真っ先に考えなければならないので、水を見るのは後回しにしましょう。
周囲の景色をグルリと見渡すと、木があって森になって山がいくつも連なっています。
その中から池に最も近くて背の高い山をピックアップします。山頂から緩やかに伸びる尾根を目で追い、尾根がいよいよ池と交わり、水の中へ消えていくところ。
これが本当の意味での岬です。

バスが好む「強い岬」とでも言いましょうか。
単に池に突き出している岬は「弱い岬」で、地形変化が乏しく水通しの良さをさほど期待できません。
期待できないということは、ベイトフィッシュがこぞって集まるほどのパワーがないということなので、バスの定着率も低く「弱い岬」といえるのです。
山の尾根筋がそのまま水中にも存在するだろうと予測できるダイナミックな地形変化こそ、我々バスアングラーの味方になってくれる「強い岬」で、それをいち早く見つけることがとても重要です。

関連動画はこちら

岩でできている岬なら当たり!

水中にある岬のことを馬の背とも呼びますが、この水中岬を効率よく攻めるには、まず岬が何でできているかを調べなければなりません。
ほとんどの場合、岩礁帯である確率が高いのです。
岩なら硬いので水がぶつかったら跳ね返したり押し返したり良い水通しを生み、ベイトフィッシュを集めてくれます。これが泥や土が堆積している岬だと、汚れや濁りが舞い上がり、生き物なら呼吸が困難に。
それではバスも寄ってくるはずがありませんよね。

さて、岩か泥か調べるには色々な方法があります。
リップの長いクランクベイトを投げて底をガリガリこするのもありでしょう。
もっと良い方法は、穂先の折れた振り出し式の延べ竿を持参し、岬の上に浮かんで延べ竿を水底に向けて伸ばしていくのです。
穂先が底に着いたら左右に広く撫で回したり突っついたりしてみましょう。
もし岩ならゴリゴリ感が手に伝わってくるし、泥ならズボッと埋まる感じがしますよ。
さぁ、地質が判明したらいよいよルアーを投入です。
水通しがある場所なので、その流れにたなびく要素のあるスカート系、そうです!
ラバージグを用意しましょう。

春メイン、ラバージグで寄せて食わせる!

春なら産卵が絡みます。
ディープエリアから産卵に適したシャローに向かうクセがバスにはあるので、それを待ち伏せする意味でポジションは岸際に。
そこから沖へラバージグを投げ、着水後カーブフォールさせてカケアガリに着地させ、ラインを張ってバイトを待ちましょう。
コツは動かさないこと、バスの方から近づいてきてくれますから。
秋はバスが通り過ぎていくポイントになるので、クランクベイトやシャッド等のハードプラグをチョイス。
数釣りに徹してみてください。

岬でのオススメルアー