崖・岩壁のような硬いストラクチャーの方がバスは好き

崖
高い山々が並ぶリザーバーにつきものなのが崖ですが、土や砂礫でできているポロポロと崩れるタイプではなく、
硬くて頑丈なイメージの岩壁を、バスはたいへん好みます。
その理由や攻略法も含めて詳しく解説していきましょう。

岩壁とはこんな場所

岩むき出しで生えている植物も少ないのが岩壁のイメージ。
生命感がないので、その水中も大して魚を集めないのではないか?という印象がありますが、実は全く逆。
魚は硬いストラクチャーが大好きなんです。
魚が集まればエサが豊富ということになり、バスもたくさん集まります。
真っ直ぐに切り立った垂直岩盤と呼ばれる岩壁がありますが、なだらかな岩壁よりこちらのほうが人気は高いようです。
理由は、水通し。
水に動きがあって常に流れに晒されているから、垂直になるまで削り取られたんだと推測できます。
流れがあれば新しい水に入れ替わり続けるということ。
酸素の含有量が多い水だから魚が集まるわけです。

関連動画はこちら


岩壁の攻め方

岸壁の正面にボートポジションを取ってはいけません。
もっと近づいて、岸壁の真下まで行きましょう。
その位置から岸壁と平行にルアーを投げます。
そしてしっかり落とし込み。
沈んでいくラインがフッとフケるとき、岸壁のハンプに乗ったか、バスが食い付いたかのどちらかでしょう。
ハンプとは出っ張りと考えてください。垂直岩盤がいつまでも垂直でないように、岩壁も深い水中のどこかで変化します。
その変化にバスは定着するのです。
例えば、ラバージグやジグヘッドリグを用意してキャストします。
フリーフォールでもいいしカーブフォールでもかまいません、必ずラインの動きを凝視してください。
そしていつもと違う動きをしたら、ロッドを振り上げるのではなく軽く立てて、ロッドティップに重みを感じるかどうか感触を確かめてみるのです。
グッと重みを感じたら!もっと高く振り上げてフッキングに至ってください。
そのとき必ずリールハンドルを回してラインを巻き取りながらフッキングすることを忘れないでください。
ワームはカーリーテールやグラブがおススメ、波動がバスを呼び寄せてくれる場合もありますからね。

ブラックバスが岩壁に居着きやすい季節は・・

水通しのメリットから考えると夏なんですが、深ければ深いほど冬向きでしょうし、実は回遊の季節でもある秋も見逃せません。
他のポイントが不発なら、岩壁を丁寧に攻めるのがいいかもしれません。
聖地・池原ダムやDVD撮影で有名な合川ダムなどでは、垂直岩盤を攻めていない人が結構多いんです。
これはもったいない。
カバーよりもまずストラクチャーから、目に見えない水中のポイントをイメージしながら釣りをしてこそ、ビッグバスに出会える機会が増えるというものです。

このポイントでよく使うルアー

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ルアー スーパーグラブ 18-10-021BLK・BL FL
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) (2012-07-26)
売り上げランキング: 54,655