エン堤はとても狙いやすいブラックバスの溜り場

堰堤
エン堤とは、池の堤のことです。
人工的に土砂を盛ってコンクリートで固めた水をせき止める構造物、いわゆるストラクチャーですね。
石を積んで作られている昔ながらのエン堤もあれば、最新の土木技術を駆使した威風堂々なエン堤もあります。
果たしてバスはどのような定着の仕方をするのか?
いや、もしかすると定着はしないのか?
その辺も含めて、エン堤の攻略法を解説していきましょう。

エン堤とはこんな場所

川になる前の段階、沢くらいの規模の流れを見つけて、それをせき止めるようにエン堤を作り池に仕立てます。
ということは、エン堤は池の最も深い場所に隣接している可能性が高いことになります。
しかも流れ出しがあって、水を汲み出す樋があります。
バスにとってはこの上ないストラクチャーですね。
耐久性を持たせるためにエン堤の表面を四角形が連続するデザインにしているケースをよく見かけますが、あの四角形の中に産卵したりもするんですよ。
ひとつずつ丁寧に四角形を撃っていくアプローチは、ビッグバスへの近道でもあります。

関連動画はこちら




エン堤の攻め方

絶対に守ってほしいのは、近づき過ぎないこと。
固いから反響音がすごいんです。
カーンッとかコンッとか、エン堤にモノをぶつけると本当によく響き渡ります。これにバスは極端に反応します。
興味を持って寄ってくる場合もありますが、ほとんどの場合、警戒心がぶわっと膨らんで逃げてしまいます。
側線や耳を強く驚かしてしまうからで、ここに注意を払うことができないと、釣りが成立しません。
ゆっくり近づいてそぉーっとキャスト、ポチャンと落としてしばらくそのまま。
このアプローチを流れ出し、樋、草木が生えて水に浸かっているところの順に実践してみてください。
ルアーは小型のポッパーやペンシルベイトが効きますよ。
ワームだとイメージ通りのピンポイントまで正確に届かないおそれがありますから。

エン堤にブラックバスが居着きやすい季節は・・

春それから夏です。
秋はエン堤に沿って回遊する感じで、冬はエン堤の少し沖合いに沈んだりします。
ほぼどの季節もバスが居るわけですから、よく観察して丁寧に攻めるのがベターです。
流れ込みへ水が落ちてからここが池における最終ポイントとなります。
エサになる生き物が豊富なのはもちろん、バスそのものの数も相当数に増えていきます。
確実に釣り上げるためには、常にここに足を運んで刻々変わっていく状況を目で追うことが大切でしょう。
そして少しの変化も見逃さずにアプローチを繰り返していくこと。
そうすればエン堤だけで10本以上のバスに簡単に出会えるようになります。
そこからサイズアップをするためのルアーローテーションに突入!
例えばスピナーベイトやビッグバドなら、あなたの希望通りのバスを連れ帰ってきてくれるかもしれません。

このポイントでよく使われるルアー

TAKAMIYA(タカミヤ) FALKEN R FALKEN SPIN 1/4oz CM-383 クロキン
TAKAMIYA(タカミヤ)
売り上げランキング: 13,854