小魚が好む場所「瀬」にブラックバスはいる

瀬
瀬といえば瀬戸内海を思い出しますが、バスフィッシングでは主に浅瀬のこと。
いわゆるシャローエリアを指すと考えてください。
河川における瀬はトロ場の反対語で、ゴロタ石が底に散在している場所を言います。
その特徴も含めて詳しく解説していきましょう。
あっ!ここは瀬だからと立ちこんで釣りをする人がいますよね。
あれ、危ないですから。
ゴロタ石ほどよく滑るものはありません。
スパイクシューズなしでは絶対に立ち入らないでくださいね。

瀬とはこんな場所

流れがあることが大前提です。
それによって上積みされた泥などが洗われ、硬い地層や地質がむき出しになっているところ、これを攻略しましょう。
バスは元々硬いものを好みます。
なぜなら、小魚がそうだからです。
ではなぜ小魚は瀬を好むのでしょう?それは小魚が主食としている藻やプランクトンが居付きやすいからだといわれています。
食物連鎖の土台部分を形成しているひとつ、それが瀬の正体なのです。常に流れがある、これを忘れないでください。

関連動画はこちら


瀬の攻め方

瀬に居付く生き物、特に魚は、統一感のある動きをします。
何だと思いますか?
実は、一定の方向を向くクセがあるんです。
先ほども言いましたように、瀬には必ず流れが存在します。上流から下流へ水は流れます。
バスには走流性という特徴があって、流れに対し頭を上流に向けるのです。
これはルアーをどこにキャストすればいいかを教えてくれているのと同じこと。
瀬を攻めるときは、その上流部にルアーを落とし、流れに乗せて下流へ流す!
この基本アプローチを実践の軸に据えてほしいと思います。
オススメのルアーはスイッシャー系、特にヘドンのマグナムトーピードに代表されるボリュームのあるシングルスイッシャーが効果的です。
流しながら時折ジャッジャッとジャークを入れて、またそのままの姿勢で流してゆく。
まさにドリフト釣法と命名できそうですよね。
その他にはジョイントのスイムベイト、ペンシルベイト、ポッパーなども同じアプローチで使用可能です。
色々ご自身で工夫して、ベストセッティングを編み出してください。

川の瀬でのオススメルアー

デュエル(DUEL) ルアー シルバープロップ 60 60mm HHS
デュエル(DUEL) (2012-05-03)
売り上げランキング: 150,277
エバーグリーン(EVERGREEN) ルアー プロップマジック75 #268 スパークリングライム
エバーグリーン(EVERGREEN) (2012-05-29)
売り上げランキング: 64,469
HEDDON(ヘドン) ルアー マグナムトーピードX0362BF
HEDDON(ヘドン)
売り上げランキング: 78,394

バスが瀬に居付きやすい季節、それは・・

雨の多い梅雨から夏にかけて、流れが強くなります。この変化に小魚は反応し、瀬に集まり始めます。
当然その姿を見てバスも追いかけ始めるのです。暑い夏、澱んだエリアでは水中の酸素濃度が低くなりがち。
そういうとき、瀬なら流れのおかげで大気と水がよく混ざり、魚は呼吸困難から解放されるでしょう。