トロ場はバスがいる確率の高い下流側を攻めろ

トロ場

河川には流れがあって、それが穏やかにゆるやかに変わっているポイントを「トロ場」と呼びます。
バスには走流性という特質があって、水に流れがあればその上流を向くクセがあります。
通常のポイントならその通り上流を向くのでしょうが、トロ場では流れがゆるい分どちらを向くか確定的ではありません。
そこをうまく理解しながら攻略の糸口を探ることにしましょう。

トロ場とはこんな場所

河川が上流から下流に流れていく中で、カーブになっているところはトロ場が発生します。
それから川幅は一気に広がっているところや、大きな障害物が沈んでいるところもトロ場発生の可能性は高いでしょう。
特に障害物が絡むと、小魚の棲み家や遡上鮎・鱒類の休憩所にもなり得るので、バスは好んで寄り付く傾向があります。
漁師さんが川底に丸太を打ち付けて固定し「オダ」という漁礁を作るのも、深いトロ場を選択する場合が多いのです。
トロ場に到着したら、よく観察するところから始めるようにしてください。


トロ場の攻め方

必ず守ってほしいのは、漁師さんの仕掛けがあるトロ場では釣りをしないということ。
釣り人としてのマナーが最優先です。
トロ場を攻めるときは、なるべく上流にポジションを持っていかないことが重要です。
こちらの気配がバスに伝わりやすいからです。
音だけじゃないですよ、走流性で上流のほうを向いているバスもいますからね。
ポジションは下流側で、上流に向けてキャスト。
ルアーを流れに乗せて、いわゆるドリフト釣法を心がけてください。
ヘドンのマグナムトーピードのようなシングルスイッシャーなら、流しながらジャークを入れて誘いがうまくできそうですね。
障害物のそばを通過するときに集中してください。
激しい川バスのバイトがあなたを待っているでしょう。

ブラックバスが居着きやすい季節

ベイトフィッシュが遡上する春、それからスクールする秋でしょう。
ミノーやシャッドを投げると入れ食いになることもありますが、その辺りのルアーを選択すると、どのサイズが食ってくるか読めなくなります。
トップウォータープラグにしておけば、水面まで足を運ぼうとする意思のある個体が釣れます。
ほとんどの場合、ビッグバスである確率が高いといえるでしょう。
丁寧なアプローチとルアーの吟味を怠らずに、まずはトロ場探しから始めるようにしてください。
トロ場から少しだけ離れた下流域にバスが待機していることがあります。
これは、トロ場でバランスを失った小魚が流れてくるのを待ち伏せしているのです。
なので、トロ場の下流域をボートで踏むことは絶対にしてはいけません。

このポイントでよく使うルアー

HEDDON(ヘドン) ルアー マグナムトーピードX0362NBLG
HEDDON(ヘドン)
売り上げランキング: 41,821