ガレ場・ゴロタは、春・秋にガンガン攻めよう!

ゴロタ石
ガレ場とは元々山岳言葉で、岩や石がむき出しになって歩きにくい礫場のことです。
それが水没しているエリアですから、ゴロタ石がごろごろ転がっているわけです。
バスは硬い地層・地質を好む傾向があります。
それが細かく割れて、他の小動物の格好の棲家となっているのが、ガレ場ですから、バスフィッシングで逃してはいけない重要エリアともいえるでしょう。

ガレ場、ゴロタはこんな場所

水底がガレ場であるかどうかは、間近にある岸際の地質を見て判断します。
その岸の水際までガレ場なら、その先の水の中も当然ガレ場に違いありません。
がけ崩れや人為的な工事跡、ゴロタ石放棄場所などがチェックすべき環境条件で、他のポイントよりは絞り込みが早くできそうですよね。
水の中で岩がむき出しということは、崩れた後も泥が堆積しないということ。
これは水通しの良さを物語っていて、魚の寄り付きも比例して良いといえるでしょう。

ガレ場の動画


ゴロタの動画


ガレ場、ゴロタの攻め方

どの水深までガレ場が続いているかを見極めなければなりません。
したがって、リップ付きのクランクベイトやシャッドで底を取り、ゴリゴリこすり付けながらリトリーブして攻めたいものです。
岩や石がカバーとなりバスが付いている可能性が高く、そのひとつひとつを丁寧にリップとの接触を感じながらバイトを拾っていく方法がいいでしょう。
ラバージグやテキサスリグでもかまわないのですが、岩や石から外れるたびにバイトと混同してしまうケースがあります。
これを“うるさい”と表現するバスアングラーもいるほどで、情報の過多がバイトを見逃してしまうようなら、本末転倒ですからね。
まずはリップで、それから別のルアーへローテーションすると覚えておいてください。
1.6グラムほどのラウンド型ジグヘッドに9インチのリングワームを付けて投入、
岩や石に引っ掛けて待つというアプローチも、ビッグバスには有効です。

ガレ場、ゴロタにブラックバスが居着きやすい季節は・・

オススメの季節は、春と秋でしょう。
他の季節も通り道にはなりますが、定着を狙うのならこの2つの季節が大型狙いに向いています。
どちらもベイトフィッシュ絡みなのですが、春はスポーニングルートにガレ場が選ばれるケースが多いのです。
たぶん水中の酸素濃度が高いこと、それから通りがけに捕食できるというメリットが効いているのだと推測できます。
秋の始まりに、さぁ今からベイトフィッシュを追いかけるぞ!
みたいなバスの群れが溜まっているのをよく見かけます。
ダッシュ直前のスタートラインがここなら、
狙ったほうが効率は良さそうですよね。
ただし、我先に食ってくるので、まずは数釣りから入るのがセオリーです。
たくさんキャストしてたくさん釣って、その中にビッグバスが混ざればOK。
常に次の用意を頭の中でシミュレーションしながら、手返しよく攻めるようにしてください。

ガレ場・ゴロタでのオススメルアー