EG going! Vol.5 上笹慎哉 芦田川攻略編 (BASS)

寒そうな中でのバス釣り動画ですね。上笹慎哉さんという方が釣られています。

川の付近まで降りるのが面倒なのか、釣れたらブッコ抜いてますねw しかも意外と重そうでデカイ!

なぜこんなブッコ抜き方ができるのかと言うと、ラインの強度にあります。

ロッド自体も強度の高いもののようですが、ラインのポンド数は20lb(9kgの重さも持ち上げられます)で、号数で言えば5号くらい。波止場の釣りではなかなか登場しない号数ですw

このラインの強度だからタメライなくブッコ抜けるんですね。ラインはフロロなので根ズレにも強い。

冬などにボトム(池などの底)をワームで釣ったり、沈み物の間を釣ったりするときはフロロラインをおすすめしますが、初心者はPEの方が良いと思います。

芦田川には僕も釣りに行ったことがあります。中州があったり橋脚、水門、テトラ、オーバーハング、かけあがり、アシ際など、いろんなストラクチャや分かりやすいポイントがあるので、初心者でも楽しめる場所です。

オカッパリだけではなくボートで釣りをしている人もいっぱいいましたよ。

バスもいますし雷魚もいます。ラインが切れるんじゃないかというくらいのヒキでしたが、何とか釣り上げたのを覚えています。

なんせ川ですので、それなりにバスの筋肉も発達しているから引きが強い!

芦田川、おすすめです。