秋(9,10,11月)のブラックバスを釣るには

夏の暑さで体力が落ちきったバスが、体力回復のために荒食いをする季節でもあります。
秋のバスは春くらいよく釣れると言われているので、初心者の方でも安心して始めやすい季節です。

秋のブラックバスの行動

夏の場合は影を好んで、物陰に隠れていましたが、秋の場合は違います。
9~11月の水温が少しずつ下がってくる季節は、バスにとってはどの場所も動きやすく居心地の良い季節になります。
夏の暑さで疲れきっているうえ、これから冬を迎えるために越冬の荒食いを行います。
そのため、目についたベイトを追い回したり、岸沿いに追い詰めて捕食したりと、とても活発です。

秋のバス釣りのポイントはこんなところ

どの場所もポイントと言えます。なので、どこで釣っても良いのですが、
やはりストラクチャーや地形の変化のある場所がポイントとなるでしょう。
そういった場所に、ベイトに合わせたルアーをセットして釣るのが基本になります。
ベイトはワカサギやアユなどいろいろなものがいるので、その池に今いるベイトに合わせて、ハードプラグをセットしましょう。
スピナーベイトでも良いと思います。
とにかく巻物系をセットして釣るのがポイントです。

巻物を一通りやってみて反応が無いときは、ベイトではなくエビなどを捕食している可能性があります。
その場合はそれに合わせてルアーチェンジ。

まとめ

とにかく、ポイントを限定しにくいのがこの季節です。
その分、いろんな場所にいるという事でもあるので、とにかく数打ちましょう。
地形の変化のある場所やストラクチャーを狙って、コツコツ攻めていってください。