【バスが釣れない理由】釣り始めた時間は、釣れる時間帯ですか?

釣れる時間帯って、だいたい同じような時間帯だったりした経験はないでしょうか?
私も晩春~晩秋の間だけバス釣りに行っていますが、いつも思うんです。
「この野池は、夏の水草が増えだす前の初夏しか釣れない。。。」
「朝日が昇り出してからお昼までの間に必ず数匹釣れる!」
「今年もまた同じ時間帯に釣れた!」
皆さんもこんな経験ありますよね?
その季節や時間帯以外は、釣果が全然伸びなかったり、
または全然釣れなかったり。。。

その理由はハッキリとしているようで、魚自体の活性が上がる時間帯があるんですって。

狙うべき時間帯は朝マズメ

ブラックバスだけではなく、生き物の大半は太陽の動きに合わせて起床・就寝を行うのが普通です。
※夜行性の生き物には当てはまりませんが。
バスが捕食している小魚も同じように、朝太陽が顔を出す前の、少し明るくなってきた位に「おはようございまーす」という具合に動き出します。
これを追ってバスも捕食するために、活発に動き出します。
この朝マズメに釣りをすると、釣れる確率はあがります。

日が昇る時間の1時間前には釣り始めたいという感じです。
ベイトが多いフィールドでは、水面でバシャバシャと水しぶきを上げている光景を目にすることもできるほど、バスが活発に捕食していますよ。
そこにトップウォーターをキャストするか、周辺をミノーなどで探ってみると、グッグッ!っと喰いついてくるはずです!

次に釣れやすい時間帯は夕マズメ

朝マズメは一番釣れる時間帯ですが、次に釣れるのは夕マズメです。
日没の1時間前から暗くなるまでの間、水面で捕食音が聞こえてきます。
夏場の場合は、水温が高すぎてあまり動かなかったベイトフィッシュが、涼しくなってきて動きが活発になり、それを追ってバスが捕食するためです。
他、薄暗くなることでベイトフィッシュの警戒心がうすれて活発に動き出すから。
こういう時も、トップウォーターやミノーなどのハードプラグや、スイムベイトなどをキャストして狙ってみてください。