【バスが釣れない理由】ルアーチョイス間違っていませんか?

季節に合わせたルアーチョイスができていますか?

バスが居る場所にキャストしたところで、食べたくもない餌があっても食べる事なんてしません。(もちろん、リアクション食いなんてのもありますがね。)
暑い季節はこんな物を食べたくなる。寒い時はこんなものを食べたくなる。
人間でも同じように、夏ならビールでしょ! 冬なら鍋でしょ!
そんな季節別で使うべきルアーの種類をご紹介します。
たくさんの種類があって、いろんなメーカーが作っているルアー。
その中からどんな物をチョイスして使うべきなのか。
知っているのと知らないのとでは釣果に大きな差が出ますよ。

春に使いたいルアー

ディープエリアからシャローに移動する時期。
このような季節ではクランクベイトやラバージグ、スピナーベイトなどがおすすめです。
ブレイク沿いを狙ってキャストしてみましょう。
暖かくなったらミノーなどに切り替えてもOKです。

夏に使いたいルアー

夏の日差しや高すぎる水温を避けて、バスは涼しい日陰や流れ込みなどに集まっています。
このような状態のバスを狙うにはトップウォーターやハードルアーがベストとなります。
オーバーハングなどにトップウォータープラグをキャストして、微妙に動かしてみると反応があったりします。
夏場にたくさん発生する昆虫類に似せた虫系のルアーも効果的です。

秋に使いたいルアー

トップウォーターやハードルアーがメインとなりますが、
初秋の場合は、まだまだ水温が高かったりするので、涼しい朝・夕まずめが狙いどき。
秋が深まってくると水温が快適になってくるので、いろいろなルアーで試してみるのがオススメです。
しかし、秋には上層の水と下層の水が入れ替わるターンオーバーが発生します。
これが起きると水質が一気に悪くなるため、バスの活性も下がってしまいます。
こういったときは、水質がまだ綺麗で、酸素量が多そうな場所を重点的に狙っていきましょう。

冬に使いたいルアー

水深の深いディープエリアをメインに、ワームを使ったダウンショットリグやメタルバイブで狙いたい季節です。
秋に比べてルアーに対する反応が悪く、遠投しても届かないような場所にいたりするものですので、なるべく遠くに飛ばせる重めのルアーか、ボートでの釣りをおすすめします。
だからと言って、釣れないわけではありません。いるところにはバスが集まって居るので、そこを探し出せれば良いということです。

まとめ

ルアーには沢山の種類があり、それぞれ特徴があります。
夏場に効果を最大限に発揮するルアーもあれば、冬に使いやすいルアーもあります。
さらに、水質でも時間帯でも釣れやすいルアーというものがあるものです。
ずっと同じルアーを使い続けるのではなく、状況に合わせてルアーチェンジを行い、
バスのヒット率を上げる努力が必要です。
そのために、同じハードルアーでも色違いを揃えたり、サイズ違いのワームを揃えたりするんです。
お金がかかって仕方ありませんが、なるべくどんな状況でも釣れるようにするために、たくさんの種類のルアーを揃えて、ルアーチェンジしていきましょう。