【バスが釣れない理由】ただ巻きばかりのあなたの釣り方はダメ!

ただ巻き(リトリーブ)はルアー釣りの基本中の基本ですが、リトリーブするだけでいくらでも釣れるなんて、そんなにブラックバスも馬鹿じゃありません。
「これは偽物だな」って見破られないように、本当の生き物のような動きを付けてあげるだけでも釣果は変わってきます。
この、ルアーに動きを付ける手法を「アクションをつける」と言います。
アクションのつけ方は様々で、ルアーの種類やポイントによって使い分ける必要があります。
※スピナーベイトのようにリトリーブだけで誘うルアーもありますが、ルアーを泳がせる深さをいろいろ変えるために、リトリーブのスピード変えたり、ロッドを立てたりと、いろいろな方法を駆使する必要があります。

ルアーの種類別での効果的なアクション

本サイトではルアーの種類別でアクションのつけかた(テクニック)を紹介しています。下記を参考にしてみてください。

ポイント別 効果的なアクション

様々なストラクチャーでも、ただのリトリーブだけではなく、効果のあるアクション(テクニック)をマスターしておけば、もっとバス釣りを楽しめるようになります。必然的に釣果アップも期待できますよ。

まとめ

上記のように、ルアーや状況によってアクションを変えて釣ってみると、とても効果的にバスにルアーをアピールすることができます。

その他にも、たくさんのストラクチャやルアーの種類はあるので、下記でそれぞれ調べてみてください。