夏(6,7,8月)のブラックバスを釣るには

夏のバスの居場所は春とはちょっと違います。この季節の特徴はとにかく暑いこと。
これは人間でも魚でも同じで、なるべく涼しいところを狙うのがベスト。
まずはこの時期のバスの行動を知っておきましょう。

夏のブラックバスの行動

梅雨の6月~8月末までを夏とすると、水温はどんどん上がってくる季節です。
特に8月末は、真夏の太陽で水温は上がりきり、シャローや淀みの水温はとても高いです。
さらに、水の動きがあまりない場所は酸素量が少ないため、バスは呼吸しにくくなってしまいます。
そのため、この季節のバスの行動は、動きやすい快適な水温で、酸素量の多い綺麗な水の場所に移動します。

スポ―ニングが終わった6月頭は、バスも疲れているのかあまり食欲はありません。
ですが、梅雨の季節でもあるので、雨が降ると条件が変わり、釣れやすくなることもあります。

物陰に隠れてベイトを待ち構えて捕食する、本来のバスの行動が多く見られる季節です。
また、暑すぎる日は深場や物陰に移動し、まだ気温が上がりきっていない涼しい時間帯は水面近くまで上昇してきます。

夏のバス釣りのポイントはこんなところ

ポイントは水の流れがある場所や、影になっている場所、酸素量の多い場所です。
この条件が重なる場所と言えば、流れ込みや堰、ウィードの下、オーバーハング、湧き水などになります。
物陰に涼みながら隠れて、獲物が来たら飛び出して捕食。そんな行動が多く見られます。

流れ込みは水の動きがあり酸素量が多く、ほかの小魚やエビなどがたくさん集まる場所になります。
バスもそれを求めて集まるので、釣り場で見つけたら必ずキャストしてみてください。

堰は深場になるため、暑いときは深場に移動しやすくなります。また、弱った小魚なども流れ着く場所になるので、
常にこの場所で待ち構えているバスもいるほどです。

ウィード下やオーバーハングも影になって涼しい場所です。
ウィードにはワームを落として誘ったり、濃いめのウィードやリリーパッドであればフロッグを使ってみましょう。
オーバーハングはスキッピングでルアーを木の下に送り込み、アクションを細かく加えて誘うことで、
木から落ちた昆虫や、小さな小魚にみせることができます。

涼しい時間はトップウォーターで表層付近。昼間の暑い時間は少し深場をスピナベやシャッドなどで。
そして少しでも涼しい影を狙ってみてください。

まとめ

私は春のバス釣りより、夏の方が好きです。理由は、近くの池でよく釣れる季節が夏だから。
だいたいアベレージ38cmになりますが、オーバーハングでトップウォーターと、リリーパッドでフロッグ。
ほぼこの二択で1時間で1匹は必ず釣れちゃいます。
トップウォーターはペンシルベイト、スウィッシャー、ポッパーをよく使いますが、ペンシルベイトで食わせるのは本当に面白いですよ。

とにかく涼しいところ!これが一番のポイントです。
そして、酸素量が多そうな場所。これを重点的に狙っていきましょう。