川村光大郎による『Tiny BLITZ MR』実釣編 in霞ヶ浦水系

フロートタイプのクランクベイト。ラインを巻いたら潜っていきますよ。

霞ヶ浦水系はバスがいっぱい!ググッてみるといろんな方のブログが検索にかかります。

川にいるバスは水の流れに耐えられるように、筋肉の付き方が池のバスより良いので、

釣れた時の引きはカナリ楽しめますね。

私も広島の福山に流れている芦田川で釣ったときは、雷魚でも掛かったのかと思うくらいの引きでした。

映像の川はカナリ濁っているので、岸に人がいても釣れますが、水がクリアで幅の狭い川の場合はそうはいきません。

人の影が見えただけですぐに食いつかなくなるので、できるだけ川から離れてキャストするのがポイントです。

クランクベイトは巻き方や竿の立て方で深さを調整できるうえ、巻けばプルプル動くんですから初心者でも使いやすいルアーです。

アマゾンでも購入できるみたいです↓