デビル平川の戦い方 6月、雨の津久井湖編

雷魚釣り具でも人気のメーカー「バレーヒル」のバス釣りトーナメント動画です。映像内で使用されているのはDEVIL JIG(デビルジグ)というラバージグ。6月の雨の中、貸しボートを使っての神奈川県津久井湖でのバス釣り。

6月の梅雨時はスポーニング(産卵期)のまっただ中にあります。冬の寒い時期は比較的安定した水温の、湖の深いところに群れで生息していますが、春を迎えると水温が上がるとともに、虫や小魚などの餌となる生き物の動きが活性化してくるので、それを狙ってブラックバスも湖の浅いところに移動してきます。産卵はこの浅場で行うので、この時期のバスは水面から目視できる場所にも現れだします。卵を産み終えたあとは、その卵を守るようにオスのブラックバスが卵の周りで外敵の見張りをしています。コレがスポーニング期というもので、近寄る小魚やザリガニなどをその時に体力回復がてら捕食するんですね。しかも梅雨ということでバスも釣りやすい状況(低気圧の場合、バスが浮いてくると言われている)。浅場の卵を産みつけやすそうな砂地や倒れた木、沈み物に産みつけるので、必ずバスはその周りにいます。

この動画ではそのような場所を狙ってラバージグでシェイクしながら誘っています。コツコツとポイントを探っていって、確実にキャッチしていますね。バスの生態を知っているからできる釣り方なので勉強になります!