冬(12,1,2月)のブラックバスを釣るには

秋のバスは荒食いを行うので、よく連れた経験があるのではないでしょうか。
それが冬になると全く釣れなくなってしまいます。
理由はバスの居場所が全く変わってしまうからです。
ではバスは冬にどこへ行くのでしょうか。

冬のブラックバスの行動

秋のうちに越冬のために荒食いをして、さまざまなポイントに出没していたバスも、冬になると深い場所に移動し始めます。
12月~2月はこの時期にあたり、気温も水温も一番一年で下がる季節です。
水温が10度を切ると極端に活性が落ちてしまうので、本当につれにくい季節になります。
少しでも水温が高く、水の動きがあまりない、安定した水温を保っている場所でじっとしている場合が多く、
そういった場所の多くはディープエリアということになります。
たまに、暖かい日中にシャローエリアまで出てきて捕食活動をするものもいます。

冬のバス釣りのポイントはこんなところ

ポイントはディープエリアや淀みのある場所で、ワームやメタルバイブ、ラバージグなどをよく使います。
日中気温が上がる日は、たまにシャローにも姿を現すので、それを狙うのも良いです。
その場合、北風が直接当たるような場所ではなく、風裏を選んでキャストしてみてください。

まとめ

冬は一年で一番釣れない季節です。海の魚ならよく釣れんですけどね…
でも、一匹釣れると、立て続けに釣れるということがあります。
その理由は、寒いので群れで集まっている場合があるから。
その群れで釣りあげることができたら、本当にラッキーですよ。