「ビックベイト」でビックバスを釣り上げろ!

ビックベイト
難しいロッドテクニックはあまり必要ありません。だけど本物の魚のように動いてくれます。
ルアー自体にいくつかの関節を付けているので、水の抵抗で自然にクネクネ動いてくれます。
巻いたり止めたり、竿先をチョンチョンと動かしてアクションを加えると、まるで弱った魚みたいに表現することが可能です。

使い方

サイズが大きく重いルアーなので、いつも使っているロッドでは耐えられない可能性があります。
専用のロッドが必要な上に、大きいルアーなので大きなバスしか食いついてきません。
初心者には不向きなので、それなりにバス釣りを経験している方で、新しくタックルを揃えることができる人に限定されるでしょう。
釣り方はキャスト後にゆっくりとリトリーブすることで、優雅に泳ぐ魚を表現できます。
他、フローティングタイプをキャスト後に放置しておけば、木陰で休む魚を演出できたりします。

関連動画はこちら

ビックベイトを使うときに気をつけておくこと

ルアー自体が高い

普通のルアーの3倍くらいの大きさのものまであるのがビックベイトです。
なので、値段も高い!1つで5000円とか普通ですw
ロッドも専用のものが必要になるので、それなりにお金に余裕のある方なら挑戦してみる価値ありですね。

どんな魚が生息しているか調べておく

本物の魚に似せてデザインされている上に、泳ぐ動きも本物の魚に見えます。
バスが本物の魚だと思って食いついてくるので、必ずその場所に生息している魚と同じデザインを使いましょう。
川なら「アユ」や「オイカワ」などのデザインのものがあったります。池なら「ブルーギル」にそっくりなデザインのものもあるので、
いつもの釣り場を調べてから購入してください。

数釣りには不向き

ビックベイトでは大きなバスしか釣れません。なので、数釣り目的ならビックベイトは不向きでしょう。
キャストしている最中に、目の前に大きなバスが水面から見えたりしたときにビックベイトに切り替える。
そんな使い方が多いかもしれませんね。
または、とにかく大きなバスしか興味ない!っという方には必須のルアーでしょう。