「クランクベイト」のボトムノックは他のルアーではできないアクション

クランクベイト
クランクベイトを使うのに重要なのは、ルアーを潜らせる深さ。深さにあわせて3タイプ「シャロークランク」「ミドルクランク」「ディープクランク」があります。順に深く潜っていきますが、シャロークランクは表層付近を流したい場合に使います。
主にトップウォーターに反応しないバスを狙うものです。ミドルクランクは中層用。
ディープクランクは大きなリップが付いているので深く潜ります。
リップで池の底を突きながら泳がせる方法を「ボトムノック」と言います。
ワーム類とは違い機敏な泳ぎ方でバスにアピールしたいときに使います。

使い方

一定のスピードで泳がせるだけではなく、杭や倒木、橋脚、湖底の岩などのストラクチャーに当てて、一瞬の動きに変化を与えるようにして使うと一層効果がある。ただし、フックがそれらのストラクチャーに引っかからないように行うのはなかなか難しいので、初心者には難しいかもしれません。

関連動画はこちら

クランクベイトのテクニック

ボトムノック(ボトムバンプ)

クランクベイトを湖底付近でリトリーブして泳がせながら、リップを湖底に何度も当てて巻く方法です。
クランクベイトは泳がせるとブルブルと動くので、その動きで湖底をノックさせます。
ディープクランクを使うと勝手にできてしまいますが、水草などがある場所ではカナリの確率で根がかりしてしまいます。
水草のないガレ場などで使えば、根がかりもし難いうえ、思わぬルアーのリアクションに反応してバスがきっと食いついてきますよ。

オーバーハングなどのカバーにキャスト

ちょっとテクニックが必要な釣り方です。ラインやルアーが木や草などに引っかからなようにキャストしなければならないので、それなりにキャスティングに慣れた人じゃないとすぐに引っかかっちゃいますよ。
ワームなどの緩い動きでは食いついてこないバスを狙って獲ることができ、主にミドルクランクを使って釣ります。

ライザーテクニック

フローティングタイプのクランクベイトを使います。「リトリーブで水中にもぐらせて、巻くのを止めた時にルアーが浮いてくる。」これを繰り返し行って釣るテクニックで、ミノーでもよく使う方法です。リトリーブ後、ふら~っと浮き上がってくるときにバスが食いつく隙を与えてあげます。初心者でもできる方法なので、ぜひチャレンジしてみてください。

ドッグウォーク

ペンシルベイトでよく使う方法ですが、クランクベイトの場合リップが付いているので、泳がせるよいうよりも水面でもがかせるような演出ができます。こちらの釣り方でもルアーはフローティングタイプを使用します。水面から飛び跳ねてルアーに食いついてきたりするので、釣れた時はすごい興奮しますよw

ロングステイ

ルアーを動かさずにそのまま停止させる釣り方で、トップウォータープラグでよく使う釣り方です。キャスト後すぐに巻いて、数秒間ストップ。またはキャスト後何もせずそのままにしておいて、急に動かす。これを繰り返し行ってバスを誘います。バスが「何だろう?」と気になるようにストップさせることが重要。動きと動きの間にこのステイの時間を作ることで、食いの時間を与えることができます。