「ミノー」は潜る深さ別に3種類は持っておきたいもの

ミノー
ルアーの代表とも言える誰もが知っているミノー。小魚の形に似せてデザインされています。
先端にリップといわれるアゴのようなものが付いていて、リトリーブしたときに、リップに水圧を受けて水中に潜ります。
主にフローティングミノー、シンキングミノー、サスペンドミノーに区別できます。フローティングはずっと水面に浮いています。
シンキングミノーは何もしなくても沈んでいきます。
サスペンドミノーは水の中に止まって動きません。
どれもリトリーブすれば潜っていくので、狙う場所や季節で、この特徴をいかして使い分けることがポイントです。

使い方

一定速度でただただリトリーブが基本で、巻いてくる途中で細かく止めたり、竿先でチョンチョンと動きを加えるトゥイッチや、ロッドを強く素早く動かして急な動きを加えるジャーキングなどがあります。
それぞれの使い方とテクニックによってバスの食欲に訴えかけたり反射的に飛びつかせたりすることが出来るなど、用途の広いルアーの一つです。

関連動画はこちら

季節や場所によって使い分ける

いつも同じ場所に必ずバスがいるのなら、こんなにたくさんのルアーは存在しないでしょう。バスも人間のようにその日の天候や季節で気分が変わり、いつく場所や活性も変わってきます。季節や釣り場所にあわせて3つのミノータイプを使い分けてみましょう。

春・秋に使うならサスペンドミノー

まだ水温の冷たさが残る春や、どんどん水温が低下していく秋などは、バスの活性があまり良くない時があります。そんなときに使えるのがサスペンドミノー。水中に留まるため、低活性なバスもしっかりとルアーを追え、口を使わせることができる。

河川で使うならフローティングミノー

池とは違い川には水の流れがあります。普通に泳がせているのでは不自然さが目立ってバスに「ルアーだ!」と気づかれてしまいます。
この川の流れをうまく利用できるのがフローティングミノー。
水面に浮いているので自然に違和感なくバスを誘うことが出来ます。

深い場所を狙うならシンキングミノー

より深い場所を狙うならシンキングミノーが便利。キャスティング後リトリーブをしなければどんどん沈んでいきます。リールを巻くことで前に進ませると同時に上昇させ、止めることで沈ませる。これを繰り返して深い場所のバスを誘い出しましょう。