「シャッド」は巻き取るスピードと深さが重要

シャッド
シャッドはミノーと同じようにフローティング・サスペンド・シンキングの三種類があります。
頻繁に使われるルアーで、ミノーよりもボディーが小さく、リップ(先端のアゴのようなもの)が大きいので、水の抵抗を大きく受けます。
そのためミノーよりも動きが機敏です。
春に河をのぼって卵を産んで海に帰っていく、ニシンによく似た魚の子供に似せてデザインされたのがこのシャッドというもののようです。(ニシンに似ているだけで、ニシンではない)

使い方

基本はただ巻き。
ミノーと同じような使い方をしますが、基本はただ巻きです。
クランクベイトのように深くは潜らないので、中層を狙うときに使いやすいルアーです。
低速で巻いてもきっちりとした動きが出せるので、動きの鈍いバスを狙うときに活躍します。
いろんなストラクチャーのそばにキャストして、ただ巻き開始!
途中巻くのをやめて誘いをかける「ストップアンドゴー」を入れてあげると効果的です。

関連動画はこちら

シャッドのテクニック

早巻き

バスをその気にさせるためには、ただ巻きだけでは通用しない時もあります。
そんなときにすぐに変化をつけられるのが「早巻き」。
ただ巻きよりも早いスピードで巻き上げると「なんだ?!」っと反射的にバスが追いかけてくることがあります。
いつも同じテンポではなく、変化をつけることが大事です。

ストップアンドゴー

リトリーブの途中で突然巻くのをやめて誘いをかける方法です。
本物の小魚も常に同じスピードで泳ぎ続けているわけではないので、
それを真似するように突然ストップをかけることで、バスが食いつくチャンスを与えるとともに
リアルな小魚の動きを表現できると思います。
他のプラグと同じように、シャッドにもフローティング(浮くタイプ)、サスペンド(水中で止まるタイプ)、シンキング(巻くのをやめるとルアーが沈むタイプ)の3種類があります。
はじめのうちはサスペンドを利用してテクニックを磨き、せめる場所や地形がわかってきたらシンキングなどを利用していきましょう。

ジャーク

急にロッドを立てて、いっきにルアーを移動させるアクションの付け方です。
激しい動きとフラッシングでバスを誘います。
海でのイカ釣りでよくやる釣り方ですね。