「バイブレーション」は、ただ巻きだけでも効果大

バイブレーション
リトリーブをするとヘッドの上面で水の抵抗を受けて、ボディを小刻みに激しく揺らしながら泳ぎます。シンキング、サスペンド、フローティングの3タイプがあり、さらにそれぞれ音を出す玉が内蔵されているサウンドタイプと、音の出ないサイレントタイプがあります。サウンドタイプは音でアピールしながら泳がせるので、バスの活性が高い時はとても効果的です。

使い方

リトリーブは一定の速度で巻いてくるのが一般的だが、スピードを変えることで表層から湖底まで探ることができます。リトリーブの途中で一瞬止めたり、ロッドをあおりながら段をつけて引いたりすると効果的な場合もあります。

関連動画はこちら

バイブレーションを使う場所はこんなところ

飛距離の出しやすいものが多いので、オカッパリから広範囲をせめるのに適しています。

オープンな広いエリアで、バスがどこにいるのかわからない時や、早朝・日が沈む頃などのバスの活性が高い時にサーチルアーとして使うのが効率的です。

季節も問わずオールシーズンで使用できるので、必ず一つは持っておきたいルアーです。

冬になるとバスは深い場所に集まっていたりするので、重いウェイトのバイブレーションや金属製のメタルバイブを使って、遠くの深い場所をせめていくのが効果的です。