深場は「メタルジグ」のフラッシングが効果的

メタルジグ
いわゆる金属片でできているので浮力は全くなし。
キラキラと光るフラッシング効果と水押しでバスの関心を引き付け、リアクションバイト(=反射食い)に持ち込むストロングなルアーがメタルジグです。
冬場の登場機会が多いので有名ですが、果たしてそれだけのルアーなのでしょうか?
詳しく解説していきましょう。

メタルジグの使い方

とにかく重くて空気抵抗がないのでよく飛びます。
遠投向きなのは間違いないのですが、泳ぎが得意じゃない。
特にヨコ方向の泳ぎは、早巻きでないと泳いでいる感じには見えません。
となると、ボートで沖に出てのバーチカルジギングが最もおススメなアプローチといえるでしょう。
バーチカルジギングは、メタルジグを垂直に落とし込み、ロッドを上下にあおることでひらひらと躍らせて誘う釣り方です。
バーチカルジギング
あまりにもストン!と素早く着底するので、リアクションバイトが取りやすいメリットがあります。
素早い動きのものは結構強いんですよ。

関連動画はこちら


メタルジグをよく使用する季節

寒い時期に底付近にバスが集まる習性があるので、冬と答える人は多いでしょう。
実は、夏もものすごく効くんですよ。
やはり深場、夏の暑い陽差しと高い水温を避けて寄り集まる群れを直撃します。
18グラム以上の重めのもので、PEラインのような張りのあるバイトの読みやすい素材のラインを使ってみましょう。
垂直に落とし込んで上下にキビキビと動かすことを忘れないでくださいね。

メタルジグをよく使用するポイント・ストラクチャー

深場といっても泥底とかはあまりおススメしません。
泥が舞い上がってメタルジグを発見してもらいにくくなるからです。
やはり垂直岩盤エリアやミオ筋の合流点がいいでしょう。
ベイトフィッシュがたくさん集まってきたり、通り道になっているところを丹念に探す努力が必要となります。
すぐには見つかりませんからしっかり時間をかけて、あなたなりのアプローチを心がけてください。

メタルジグで使うテクニック

ジギングですから、上下のロッドをあおって誘うだけなんです。
ただし、落とし込むとき!よくラインを見ていて欲しいのです。
いつもと同じならいいのですが、急にラインが弛んだりヨコに走ったりすると、バスが加えて走っている証しです。
でも早アワセは禁物、じっくり見てからロッドティップが引き込まれるくらい曲がったのを確認して、フッキング動作に入るようにしてください。
真上に鋭く振り上げる感じがいいでしょう。
ロッドに重みがグググッときますから、丁寧に取り込むようにしましょう。

このルアーの使いやすさ評価

初心者での扱いやすさ ★★★☆☆
よく使う季節 冬、夏
使うテクニック ロッドをあおるバーチカルジギング
こんな場所でよく使う 深場、ボートで釣るとき

このルアーはこちらで購入可能

ティムコ(TIEMCO) ルアー コライダー 7G #01 ホロアユ
ティムコ(TIEMCO) (2014-01-20)
売り上げランキング: 418,073
Bassday(バスデイ) パームボール 2.7 #180.スケグローブラウンペレット
Bassday(バスデイ)
売り上げランキング: 270,943