メタルバイブは冬以外でもディープエリアで使える!

メタルバイブレーション
冬の定番のイメージが強いメタルバイブですが、実際はどうなんでしょう?
投げてタダ巻きなら、オールシーズン釣れてしまいます。
ビッグサイズを狙うならやはり冬なのか?
その辺も含めて、詳しく解説してみましょう。

そもそもメタルバイブというのは、鉄板にウエイトをくっ付けた非常にシンプルなルアーです。
シンキングなので潜りも素早く、引っ張ってからの動き出しも早いのが特徴。
いわゆる、好レスポンスの塊のようなルアーだと考えてください。
しかもボディ側面はフラットでフラッシング効果が期待できます。
ルアーとしての完成度はシンプルなほど高い!そう考えてよさそうですね。

メタルバイブの使い方

しっかりロングキャストして着水と同時にクラッチを入れます。
いわゆるカーブフォールの状態で落とし込みを始めます。
フックにラインが絡まないようにするための防御策ですね。
そのまま落として着底、ラインをピンと張ってからロッドを立ててリトリーブを開始してください。
時折止めて、落とし込むのもいいかもしれません。
ストップ&ゴーと、リフト&フォールの複合でしょうか。
バイトが少ないときはこうやって色々試してみるのがいいかもしれません。
ほとんどの場合、リフト時にバイトが集中しているイメージになります。
これはラインが張りつめているのがリフト時だからです。
伝導率がいいということでしょう。

関連動画はこちら

メタルバイブをよく使用する季節

さぁ、ここです。冬のディープエリア攻略には欠かせないメタルバイブですが、果たして他の季節でバスがディープに移動して固まることってありましたっけ?ありましたね!
夏です、真夏のディープはバスの避暑地ですから、ここを狙わない手はありません。
しっかり落とし込んで底に触れてからリフト&フォール、ぜひ実践してみてください。
具体的には岬の沖合いや岸と岸が近い谷間、それから橋げたの基礎部分などはおススメです。
結構デカいのが潜んでますから、期待満々で攻めてみてください。

メタルバイブをよく使用するポイント・ストラクチャー

実は水深をとても意識します。15メートルライン、リザーバーならですが。
水に含まれる酸素の量が変わるのか、はたまた水圧に何か秘密があるのか、よくわからないのですが、
この15メートルという数値にはすごく信憑性があって、釣れる・釣れないのまさに境目のような気がします。
30年を超える実釣の結果から出てきたものですが、一度リザーバーに行かれたときに魚探を積んでいるボートに乗る機会があったら、探ってみてください。
ポイントやストラクチャーは硬ければOKでしょう。

メタルバイブで使うテクニック

これはシャローで用いるテクニックですが、見えているウィードに引っ掛けて外すハングアップオフが抜群に効きます。
できる限り軽いウエイトのメタルバイブを使うようにしてください。

このルアーの使いやすさ評価

初心者での扱いやすさ ★★★★★
よく使う季節 冬、夏
使うテクニック リフト&フォール
こんな場所でよく使う 橋げた、岩盤、ディープエリア

このルアーはこちらで購入可能

メガバス(Megabass) ルアー BLADING-X 1oz. アユ
メガバス(Megabass)
売り上げランキング: 307,983