遅あわせでOKの「キャロライナリグ」は初心者でも使いやすいリグ

キャロライナリグ
一般的な投げ釣りで使う仕掛けは、このキャロライナリグと構成が同じです。
リールからのラインをガイドに通し、その先にまずオモリを付けてヨリモドシに結びます。
そのヨリモドシにハリスとフック、フックにはワームを付けて、キャロライナリグのできあがり。
メリットはベイトタックルで使えるように、重いオモリを選択できること。
それから深い水底の形を手に取るように知ることができること。
もうひとつ、完全な向こうアワセができること、でしょうか。
向こうアワセとは、こちらがフッキング動作をしなくても、バスのほうで勝手にフックに掛かってくれることです。
とても便利ですよね。
それではキャロライナリグについて解説していきましょう。

キャロライナリグの使い方

バスの居場所がわからないときや、川底のミオ筋のようにストラクチャーが長く広い場合にキャロライナリグを使うと効果的です。
リグ自体が重いので遠投が可能、ということは底をズルズル引っ張りながら反応をチェックできますからね。
急にストップさせるとワームが左右にダートしてくれます。
さまざまなアクションを加えながら、バスのバイトに神経を集中させてください。

関連動画はこちら

キャロライナリグをよく使用する季節

秋がおススメです。
ベイトフィッシュを追い掛け回しているので、広範囲に散ったバスを見つけるのに大変重宝します。
ワームはカーリーテールでもストレートでもかまいません。
そのエリアに居そうな小魚のサイズや色に合わせて、ルアーローテーションをしてみてください。
オモリをもっと重いものするヘビーキャロライナリグも秋に有効です。
オモリが底の凹みや石を捉えて軽く引っ掛かった感じになったらしめたもの。
ロッドを立ててプリンッと外してしばらくその場で待機。バイトはそこに集中しやすいのです。
ズルズル引っ張ってグッと引っ掛かったらプリンッ!ですよ、覚えてくださいね。

キャロライナリグをよく使用するポイント・ストラクチャー

泥場だとオモリが埋まってしまうので、やはり硬い地質のところでズルズル引っ張るようにしてください。
ゴロタ石や砂場、岩場でもいいですよ。
護岸付近やミオ筋もおススメです。
根がかりが多いと感じたらワームをチューブワームに換えてください。
浮力があるので少し底から離れて泳いでくれますから、障害物をかわしてくれるでしょう。

キャロライナリグで使うテクニック

ストップ&ゴーとズル引きでOK。
あとはボートポジションを浅いところにして、そこから深いところへ向かってキャストすると、しっかり底をなぞることができます。
逆だとキャロライナリグ自体が浮き上がってしまって、底を感じられなくなりますからね。
バスフィッシングの基本は底を取る・感じること。ぜひキャロライナリグでも実践してください。