「ダウンショットリグ」でストラクチャーの変化をなぞって釣ろう

ダウンショットリグ
オモリはワームより前に付ける!というのが定説になっていて、それをかたくなに守ろうとする
世代と、変えてしまおうとする世代がぶつかっていた時代があったんです。
柔軟性という意味では変わらないことは罪でしょう。
でも、釣りは遊び。
そこまで真剣にならなくても!というヌルめ好きな意見が多い中で、なかなか釣り方やリグすらも改善の方向には向かえませんでした。

そこへ一石を投じたのが村上晴彦さん。
当時の週刊釣りサンデーの別冊企画で、堂々と胴付き仕掛けを世にアピールしたのです。
そのとき、オモリは一番釣り人から離れた位置へ。
その上にフックとワームが結ばれ設置されました。
彼はこの仕掛けを“常吉リグ”と呼び、うわ!先を越されたっ!と感じた面々は、“ドロップショットリグ”とか“ダウンショットリグ”と命名して、そのコンセプトの熟成を図ったのです。

今、最もポピュラーな呼び名としてダウンショットリグと呼ばれているのは、単にメディアがどの呼び方を好んだかによる結果です。
ダウンショットリグの言いだしっぺに、気を使ったのかもしれませんね。

ダウンショットリグのメリット

このリグはオモリとフックの間の長さを短くすればするほど、ライントラブルが減って万能タイプに生まれ変わります。
そこがやたら長いと、キャストの時点でラインがワームに絡まってしまい、釣りになりません。
できるだけ短く、そしてオモリはワームが回転しないほどのぶら下がりアンカーになってくれさえすれば、リグとしての完成度は二重丸でしょう。
カバーやストラクチャーに向かってキャスト、必ず落とし込んで底を取り、ラインをピンと張って止めれるようになってください。
コンッ!とバイトがあるかもしれませんし、ラインがふわりとふけるかもしれません。
実はこれもバイトの可能性が高く、どちらもわかるようになれば、メチャメチャ釣ることができますよ。

関連動画はこちら

ダウンショットリグはどんなところで使うの?

水深が変わっていく途中に存在するカバーに向かって投げるのがオススメ。
浅くても深くても柔軟に対応してくれるでしょう。
カバーそのものやストラクチャーの変化をなぞっていくのにも向いてますよね。

ダウンショットリグに用いるのは、ワームだけなの?

一般的にはストレートワームがオススメなようですが、ホグ系でもチューブワームでもシャッドワームでもなんでもかまいません。
実はリップの折れたミノーやシャッド、クランクベイトもこのリグとのマッチングは良好です。
スピニングタックルに限らずベイトタックルでも、ダウンショットリグを試すようにしてください。
長さのあるものを用いるほうが、ビッグサイズバスを釣るのに実績があります。

ダウンショットリグのフックの結び方

分かりやすく説明をしている動画を見つけました。こちらを参考にしてみてください。