根こそぎ釣っちゃう「ネコリグ」その使い方を教えます

ネコリグ
ネコリグのネコとは、犬猫のネコではありません。
実は「根こそぎ」のネコなんです。
そこに居るバスを全部釣ってしまう!くらいよく釣れるという意味で、
村上晴彦さんが命名したとのこと。
彼らしいネーミングで和やかな気持ちになりますね。
さて、このネコリグ。
その名の通りかなりよく釣れます。
それなら全てのアプローチにネコリグを使えばいいじゃないか!と感じる人もいるでしょう。
その辺をわかりやすく解説してみましょう。

ネコリグの使い方

ストレートワームを用意して、その先端、できれば頭のほうにネイルシンカーを差し込みます。
目安は1.3グラムから2.4グラムくらいでしょうか。
あまり重くし過ぎると、シンカーを挿入した部分が膨れてしまって、根がかりの原因になるかもしれませんから注意してください。
ネールシンカー
フックはマスバリタイプをワームの真ん中より少し頭寄りにセットしてください。
さて、最も重要なのはここからです。
他のリグと違ってフォールスピードが早く、バイトも明確にわかりますが、厄介なことに広範囲を探ろうとすると引っかかりやすいのです。
つまり、ピンポイントに絞り込んでアプローチするときにネコリグをチョイスするようにしてください。

関連動画はこちら

ネコリグをよく使用する季節

ピンポイントを攻めるのに向いているネコリグは、オールシーズンOKのオールラウンダーです。
寒い冬でもしっかり釣れますよ。
ここで食わせたい!みたいなピンポイントを見つけることができれば、越冬ビッグバスに出会えそうですね。
春・夏・秋もピンポイント専用です。
どちらかというと、バスを待ち伏せするように任意のポイントへ先にネコリグを置いておいて、通りがかりに食わせるのがベターでしょう。
意外と難しくないので、試してみてください。

ネコリグをよく使用するポイント・ストラクチャー

岬です、とても効きますよ。
特に岬プラスカバーとか岩とかあればバッチリ!
その他には、インレット・取水塔・ミオ筋・立ち木・沈木等々、ある程度水深のあるカバーを選ぶようにしてください。
シャローのサイトフィッシングとかでも使えるんですけど、ヨコ方向に動かすと引っ掛かりがこわいので、なかなか大胆には攻めづらいですよね。

ネコリグで使うテクニック

シェイクは当然なんです。
強弱や長短を使い分けてください。
もうひとつ大切なのは、ロングポーズです。
動かしてなくても勝手に震えてたりしますから、ロングポーズはあなどれませんよ。
ここぞ!というピンポイントでしっかり待てるように精神力をつけるところから始めてみてはいかがでしょう。