バスにプレッシャーをかけずに釣れる「ノーシンカーリグ」

ノーシンカーリグ
ワームとフックのみ、オモリ類は一切付け加えないリグのことをノーシンカーリグと呼びます。
着水して自然にフォールしていく姿をバスに見せて誘えるのがメリット。
その着水音も小さくて、余計な警戒心を起こさせずに済むのがいいですね。
塩入り素材のワームなら比重が高いので、ノーシンカーでもよく飛んでくれます。
さまざまな条件の下、ノーシンカーリグを使いこなす秘訣をご紹介しましょう。

ノーシンカーリグの使い方

1/0から2/0サイズのオフセットフックを用意して、5インチ前後の塩入りストレートワームをセットします。
これをサイドキャストでオーバーハング下へ放り込んだり、カバーの中へ入れたりして、そのままフォール。
しっかり落とし込むことでバスが見つけてバイトしてくれますよ。
すぐに巻き上げてしまうと、バイトのチャンスを奪っていることになるので、なかなか釣れません。
丁寧なピンポイントキャストからのフォールが使い方のキモでしょう。
ワーム自体は、バグに換えてもグラブに換えてもかまいません。
ただし、あまり軽過ぎるのは操りにくいので避けたほうが無難です。

関連動画はこちら

ノーシンカーリグをよく使用する季節

春から秋にかけてよく使います。
冬はバスが底付近にいるので、落とし込みに時間がかかるノーシンカーリグは不向きでしょう。
サイトフィッシングに適応しやすいので、とにかく浮かんでいるバスを見つけてください。
バスが浮かびやすいのは春と梅雨時。忘れずにノーシンカーリグをセットするようにしましょう。

ノーシンカーリグをよく使用するポイント・ストラクチャー

シャローエリアのカバー絡みがおススメ、深場はこの際切り捨てましょう。
目に見えるカバーを片っ端から撃っていくようにすると、着水即バイトが狙えます。
結構それで数釣りができてしまうので、釣っている中に大きいサイズが混じってくるというアプローチで最初にかまわないんじゃないでしょうか。
とにかく釣る!
釣ることで学べることがたくさんあります。
それを簡単に実践できるのが、ノーシンカーリグの強みでもあるでしょう。

ノーシンカーリグで使うテクニック

実は強めのジャーキングが効きます。
ワームの形状によっては左右に大きくダートしたりしますから、ミノーやジャークベイトよりもカバー周りで使いやすいかもしれません。
スローフォーリングやスキッピングにも適応してくれます。
あとは岸に乗せてから水面に落とすドライランド釣法がおススメ。
あらゆるシチュエーションで障害物を抜け出してくる能力に優れていて、大胆な攻めができるのがいいですね。