どこにバスがいるのか分からない時は「スプリットショットリグ」で探れ

スプリットショットリグ
キャロライナリグの変形バージョンで、リールからのラインに対して、まずオモリを付けてからフックを結んでいるリグのことです。
ただし、そのオモリはカミツブシタイプ。
つまり、スプリットショットだということなんです。
キャストすると真っ先にオモリが底に着きます。
その後でフックとワームが追従して落ちてきて底に到着します。
なにやら時間差攻撃のような内容ですが、まさにその通り。
オモリがトンと底を叩き、ワームがふわりと落ちてくるこのギャップで、バスの反射食いを誘うわけです。

スプリットショットリグの使い方

リグそのものが食わせの要素を大きく含んでいて、なおかつ広範囲を探れるので、遠投してズル引きが基本的な使い方になります。
知らぬ間にバスが食っていることが多々あるのです。
ですから常にラインの動きには注意して、どのような変化が起こったときにバスがくわえているのかを、あなたなりに整理して頭に入れておかねばなりません。
グーンと重くなってロッドティップが曲がっているのに、全然引っ張っていかないケースがあったりするんですよ。

関連動画はこちら

スプリットショットリグをよく使用する季節

バスが広範囲に散っている秋がいいでしょう。
どこにいるかわからない!でもこの辺に違いない!
そういうとき、確信を得ようと思えば、やはりスプリットショットリグの出番なんです。
春先もいいかもしれませんね、
まだシャローに上がってくる前のバスを丁寧に探してみましょう。
産卵前のバスは大きいですから、あなたの生涯記録をスプリットショットリグで更新できるかもしれませんよ。

スプリットショットリグをよく使用するポイント・ストラクチャー

エリア的にはだだっ広いところがおススメです。
見た感じでは何の変化もなさそうなので、どこから手をつけていいかわからないような状況の攻略にうってつけなんです。
フラットなシャローエリア、いつもは見過ごしてしまいそうな平凡に映るエリアこそ、ビッグバスの通り道かもしれませんからね。

スプリットショットリグで使うテクニック

カーブフォールをぜひ多用してください。
オモリが底へ着く瞬間がわかるようになりますし、ワームの動きがよりナチュラルになります。
おススメのワームをふたつお教えしましょう。
ひとつは極細のロングカーリーテール、ふわふわと底を漂いながらバスを誘ってくれます。
もうひとつはシャッドテール、まるでベイトフィッシュのように機敏に泳ぎながらバスを惹き付けます。
ロッドアクションに関しては、細やかなシェイク等は要りません。
ひたすら底を感じながらのズル引きに徹してください。