「ワッキーリグ」はワームを水中で踊らせてバス誘う

ワッキーリグ
ストレートワームの少し長めのものを用意して、フックを真ん中辺りに引っ掛けます。
その刺さり点を支点として上下運動させると、まるでミミズが踊っているかのようなアクションに。
これらを総称してワッキーアクション、構成する仕掛けのことをワッキーリグと呼んでいます。
よく釣れるんです。
フックは真ん中に引っ掛けなくてもいいんです。
その他細かいところまで解説してみましょう。

ワッキーリグの使い方

ストレートワームのボディの途中へフックを突き刺すので、千切れたりしやすい素材のものは向きません。
刺さりの良いワッキーリグ用のフックが各社から出ていますが、あまり細軸過ぎるとワームが滑ってしまい安定しません。
おススメは6インチ以上の塩入り素材でないワーム、それから太軸のチヌ針の組み合わせがストレスを感じずに使えるでしょう。
ワームの真ん中にフックを通すよりも、頭から4分の1辺りに突き刺すほうが、水中でのワームの動きに滑らかさが出ます。
複雑な揺れが次の揺れを呼ぶようにもなりますし、ぜひ4分の1刺しを試してください。
フックから伸びている余ったラインは切り取らずに、シンカーをぶら下げるとアクションが安定します。
細やかなシェイキングも全て伝わるので、バスに食わせたいときには有効でしょう。

関連動画はこちら

ワッキーリグをよく使用する季節

春から夏にかけてが使用に向いているでしょう。
水深のあるところに落とし込んでいって、着底したら長めのシェイキング。
水の多い梅雨時期を挟んだ前後がいいかもしれませんね。
厳密にいえば秋はベイトフィッシュに似ているから効きますし、冬は水位が増しますから使いやすいと感じます。
季節を問わず、試してみる価値は充分にあるでしょう。

ワッキーリグをよく使用するポイント・ストラクチャー

段差のある深場やブレイクライン、カバーとストラクチャーが交わるところ等々。
あまり濃いカバーのそばで用いると、引きずり込まれてラインを切られるおそれがあるので、地形変化優先でアプローチするようにしてください。
ベイトタックルにしてラインを太くすれば解決しますから、ヘビーワッキーリグのときはカバー周りでもOKです。
フックも太軸に換えておきましょうか、そのほうが安心ですよね。

ワッキーリグで使うテクニック

シンカーをどこかに引っ掛けてロングシェイクするハングシェイク。
それから定番の引っ掛け+外して誘うハングアップオフ。
どちらもよく釣れるテクニックです。
落とし込みながらシェイクする方法もあるのですが、考えているより手前にリグが来てしまうので、おススメはしません。
しっかり底をとってからシェイクするほうが大切で、釣果も伸びるでしょう。

重り付きワッキーリグ
その他、ワッキーリグのフックをジグヘッドなどの重り付きのものに変えることで
思わぬ動きを演出できます。遠投性も上がるので、ちょっと違う動きをつけたい場合に有効的です。