ブラックバスは昆虫も食べるから「バグ」を使ってみよう

バグ
虫のことをバグと呼びますから、虫に似た細かい手足を持っているワームなら、バグの範疇に入れていいんじゃないでしょうか。
さまざまなバグを使ったアプローチがあります。
例えば、木からぶら下がっている毛虫に似せた落とし方や、岸から水に転げ落ちるドライランド釣法も、バグならやりやすいでしょう。
バグの効果的な使い方も含めて解説していきます。

バグの使い方

まずはオーバーハングを探しましょうか。
広葉樹のほうがいいですよ、毛虫が多く棲んでますからね。
バグをノーシンカーリグにして、垂れ下がっている木の枝にぶつけるようにキャストします。
四方に伸びている葉に当たってからポチョンと水面に落ちるバグ。
そのままゆっくり沈めていってください。
ラインを見ながら変化が感じられなかったら、ロッドを立ててみてバグ回収。
次は隣りの枝めがけてキャストをします。
この繰り返しだけで、反応してくるバスはかなり多いのではないでしょうか。

関連動画はこちら

バグをよく使用する季節

春から夏の虫の多い季節に使用します。
秋や冬と比べたら反応が全然違いますからね。
虫の気持ちになれ!とまではいいませんが、こういう環境条件なら虫は過ごしやすいだろうな~というところを重点的に攻めるようにしましょう。
季節の移り変わりの中で、バグの色を背景の草木と同じになるように変えていく工夫は必要かもしれませんね。

バグをよく使用するポイント・ストラクチャー

木が覆いかぶさっているオーバーハング、それから岸そのもの。
オーバーハングは木に当てて落としていくと説明しましたが、問題は岸のほう。
水に向かってバグを投げずに、岸すなわち陸地に投げ込みます。
これをドライランド釣法といいますが、岸に乗り上げたバグを少しずつ動かして水辺に連れて行き、
ゆっくり音も立てずに入水させるのです。
実はこれがビッグバスにものすごく効くんですよ。
そぉーっとお風呂に入れる感じを再現してください。

バグで使うテクニック

スキッピングで誘うのもテクニックのひとつでしょうが、もうひとつ、とっておきのを伝授しましょう。
バグを重めのテキサスリグに付けて空に向かって投げます。
真上ではなく斜め45度くらい。
そして木や草が入り組んだカバーの上空まで飛ばしたら急にサミングを入れて鋭角に落とします。
いわゆるパンチングの応用ですね。
カバーを突き抜けて水面まで届くと、即バイトがあるかもしれません。
連投してヒットの確率を上げるようにしてください。
テキサスリグの代わりにヘビーダウンショットリグでも効果がありますよ。
オモリとフックの間のラインは極力短めにしてくださいね。

このルアーの使いやすさ評価

初心者での扱いやすさ ★★☆☆☆
よく使う季節 春、夏
使うテクニック ドライランド釣法、シェイキング
こんな場所でよく使う オーバーハング

このルアーはこちらで購入可能

Berkley(バークレイ) ルアー ガルプ! SWクリケット1 ジューンバグ GSHCR1-JB
Berkley(バークレイ)
売り上げランキング: 99,118
ガンクラフト ルアー ビッグスパイダー#20GRパンプキンバグ
ガンクラフト
売り上げランキング: 298,173