ブラックバスの心をくすぐる!カーリーテールのヒラヒラが効果絶大

カーリーテール
一世を風靡したゲーリーヤマモト社製のグラブに代表される、湾曲した尻尾付きのイモムシ型ワームのことです。
そのひと口サイズと、テール形状が引き起こす水押し(=ディスプレイスメント)の相乗効果で、
釣れないバスはない!と釣り人を驚嘆させた逸品。
これを超えるデザインは、まず出ないといっても過言ではないでしょう。

ソフトルアーの最大の弱点は、水に押し返されること。
押し返されてはバスに発見してもらう機会を失います。
それゆえにクランクベイト等のハードルアーの集魚効果には負けてしまうという現実が続いているのですが、カーリーテールに関しては、そのハードルアーのディスプレイスメントに引けをとらないほどの強さが存在するのです。
それでは詳しく解説していきましょう。

カーリーテールの使い方

ルアーをバスに見つけてもらうことを念頭に置くと、まず濁りのあるところで使いたいものです。
同じ理由で、バスの視覚を邪魔する複雑なカバーが存在するところ。
それから止水域、流れのないところで水を動かすことの効能は、良い結果につながりやすいのです。
色もシルエットがくっきりして見つけられやすい黒系がオススメ。
ラメが含まれていたら、黒色との相乗効果を見込めるでしょう。
水底まで落としてズル引きする使い方や、水面をひらひらと引っ張ってくるグラビンバズという使い方がポピュラーです。
湾曲したテールを活かした使い方、まだまだ出てきそうですよね。

関連動画はコチラ

カーリーテールはオールシーズン効きます!

水面でも底周辺でも、タナを選ばずどこでも使えるカーリーテールに死角はありません。
全ての季節でその威力を発揮してくれるでしょう。
スポーニング期のベッドで用いるケースも有名ですし、夏のシャローエリアでグラビンバズ!
これも効きます。
冬の低活性時に底付近でズル引きして、ショートバイトを確実にものにするアプローチにも、カーリーテールは欠かせません。

カーリーテール独特のマル秘テクニックを伝授!

これはおこなっている釣り人が非常に少ないテクニックですが、7インチを超える細長いリングワームを用います。
リングワームは尻尾が湾曲していますので、カーリーテールの一種なんです。
それを1グラムほどのシンカーで構成するダウンショットリグに付けるんです。
フックとシンカーの間は約2センチにしてください。超ショートダウンショットですね。
これを水深のあるエリアで沈んだカバーを探すのに使ってください。
シンカーがカバーに触れてモゾモゾ感が伝わってきます。
そうしたらロッドアクションを止めてその場でロングステイ。
待てば待つほど、バスのバイトを呼び込めますよ。
あと一本を獲りたいとき!是非試してみてくださいね。

このルアーの使いやすさ評価

初心者での扱いやすさ ★★★★★
よく使う季節 オールシーズン
使うテクニック ズル引き、グラビンバズ
こんな場所でよく使う シャロー、水面

このルアーはこちらで購入可能

ティムコ(TIEMCO) PDLマルチカーリー4.5 #138 グリパン/BL.F
ティムコ(TIEMCO)
売り上げランキング: 416,768