「カットテール」常用テクニックはノーシンカーフリーフォール!

カットテール
カットテールとは、ゲーリーヤマモト社の製品名です。
あまりにも支持者が多く、その名はひとつのカテゴリーとして認知され現在に至っています。
本当によく釣れますからね。
元々はツインティーズというアメリカのワームメーカーをゲーリーヤマモトが買収するところから話は始まります。
その製品ラインナップの中に、カーリーテールのストレートワームがあったんです。
ちょっと横方向に引っ張っただけでも、ビビッドに反応するそのワームは、早く動かすと回転してしまい、ラインに撚りを与えてしまうことが。
それを防ぐためにカーリーテールの先の部分だけをカットして使うのが、当時のバスプロのシークレットになっていました。
これがカットテールの誕生につながっていったのです、懐かしいですね。

カットテールの使い方

小さいものから大きいものまで色々なサイズが選べるカットテール。
やはり、オフセットフックを付けただけのノーシンカーワームとして使いたいですね。
対象に向かってキャスト、小さな着水音、ゆらゆらと揺らめきながら落ちていく姿。
全てがバスの食欲を刺激し、バイトせずにはいられない状況を作り出してくれます。
ボディに細かく刻まれているリブや、テールまでのスローテーパーなシルエット、それから塩入りの高い比重が、まるで生き物のような微細な震えや揺れの動力源になっています。

関連動画はコチラ

カットテールをよく使用する季節

シャローエリアに見えているバスに向けてキャストしたいですから、やはり春・夏・秋となるでしょうか。
冬はどうしてもバスが沈んでしまうので、ノーシンカーのカットテールで誘うには時間がかかり過ぎて効率が悪くなってしまいます。

カットテールをよく使用するポイント・ストラクチャー

見えバスがよく浮いている岸際にあるカバーを狙います。
例えば、取水塔やエン堤、ゴロタ石などがある崖崩れ跡、立ち木、ウィード、インレット等々でしょうか。
池のど真ん中というのもアリです。
ときどき大型のバスがぽつんと浮いていることがあるので、注意深くチェックするようにしてください。

カットテールで使うテクニック

ただひたすらにフリーフォール、これがイチバン効きます。
ただし、いつバスが食ってきたか判断できるように、ラインの動きを観察するクセを付けておきましょう。
特に糸フケが出た場合!すぐにフッキングせずにラインの動きに集中してください。
もし、水中に引き込まれたなら必ず何かがくわえていることになります。
左に泳げば右へ、右に泳げば左へロッドを振ってしっかりフッキングするよう心がけてください。

オススメのカットテール

3.5インチカットテールワーム#002
ゲーリーインターナショナル(Gary