ルアーをどれか一つだけ持ってバス釣りに行くなら「グラブ」でしょ

グラブ
ちょっぴり太めのイモムシ系ボディに幅広カーリーテールが付いているワームが、グラブです。
その歴史は大変古く、有名なものはゲーリーヤマモト社のスーパーグラブや4インチグラブでしょう。
一度バイトがあって運悪くバレても、またすぐに追って来て食べてしまうことで一躍有名になりました。
人気カラーはすぐに売り切れ、他社もこぞって新作グラブの開発に注力したのです。
今でもその強さは、どのワームと比べても引けをとることはありません。
テキサスリグにしても、ラバージグのトレーラーワームにしても、ジグヘッドリグにしても、圧倒的な釣果は揺ぎないものです。
その秘密に迫ってみましょう。

グラブの使い方

それではオーソドックスなテキサスリグに付けてみましょうか。
キャストして底に沈めます。着底を確認したらロッドを横方向に滑らせるズル引きをおこなってください。
テールをピロピロ動かしながら、底を這うようにして演出をし続けます。
バスからすると何に見えているんでしょう?
どの生き物とも似つかわしくない動きですが、こんな艶かしい動きもないはず。
一旦興味が湧くと後ろを付いていくクセのあるバス。
そのうち我慢できずにパクッ!と食べてしまうのです。
この、つい食べてしまう!がなかなか他のワームでは難しく、
ボディボリュームが手ごろなグラブの独壇場ともいえそうですね。
ズルズル、パクッ!このイメージを忘れないようにしてください。

関連動画はコチラ

グラブをよく使用する季節

春ならラバージグトレーラーとしてスポーニングエリアの攻略に、夏なら表層をノーシンカーリグで引っ張ってビッグバス狙いに。
秋はテキサスリグで底ズル引きが効くし、冬も春・夏・秋の応用でよく釣れます。
グラブの強さはその応用範囲の広さにあるようです。
まさにオールラウンダー!もし釣り場にひとつだけ持ってきていいルアーを選ぶとしたら?と尋ねられたら、その答えはここにあるといえそうですね。

グラブをよく使用するポイント・ストラクチャー

タテ方向に落とし込みが必要な垂直岩盤や立ち木周り、ヨコ方向に表層を引っ張るシャローエリア、どちらも他のルアーを通した後、釣れない・バイトがないという壁にぶち当たったときに使ってください。
最初からグラブでアプローチしてもかまいませんよ。
ただ、グラブでダメならポイントを変えてみよう!という最後のチェックを任せられるルアーだと思うんです。
そこまで信じて、切り札として投入してください。

グラブで使うテクニック

先ほどから書いている表層をヨコ方向に引っ張って誘うアプローチを「グラビンバズ」と呼びます。
これはすごいですよ、やる気のないバスの活性をグンッ!と上げてくれますから。
テールのアクションで水面をかき回しますから、見た目も大きな波が起こります。
これを見つけたバスは一気に水面まで上がってきてグラブを襲います。
その荒々しさは普通では考えられないくらい激しいものです。
テンションの上がり方が尋常ではない証拠でしょう。
ぜひ試してみてくださいね。

オススメのグラブ

メガバス(Megabass) ルアー ROCKY FRY 1.5inch (P) (Curly-Tail) グローオーロラフレーク
メガバス(Megabass) (2013-04-04)
売り上げランキング: 137,129