実はいろんな使い方ができる「ホグ」は初心者にもオススメ

ホグ
元々はブラッシュホッグというワームが起源の造語です。
エビを模したのはクローですから、ホグは何か得体のしれないものを模したという感じでしょうか。
水中で怪しく手足を躍らせるホグ、バスは食べ物と認識せずに怒りを覚えて攻撃しているのかもしれませんね。
ホグについて詳しく解説してみましょう。

ホグの使い方

テキサスリグやラバージグのトレーラーに向いていますので、きっちりリグってカバーを攻めましょう。
何かに触れるほうが思わぬ動きをしてくれますので、カバーのど真ん中に放り込んでゆっくりズルズル出してくる使い方がおススメです。
バスの棲み家を直撃訪問!みたいなノリが、釣果に繋がりそうですね。
ノーシンカーリグで水の流れに乗せるというアプローチも効きます。
ぜひお試しください。

関連動画はこちら

ホグをよく使用する季節

これは春がいいでしょう。
得体のしれないものとしてバスのテリトリーに大胆に侵入させ、怒りを買う!
という流れが一番似合ってますからね。
特に春のスポーニング期は、バスが怒る機会が多いのです。
イライラが頂点に達しやすい春だからこそ、ホグの独壇場になるかもしれませんね。
また、カバーの中に潜んでいる確率が高い夏場もいいでしょう。
しっかり怒られて、ちゃっかり釣り上げてください。

ホグをよく使用するポイント・ストラクチャー

カバーなら何でもよさそうですが、やはりすり抜けやすいもののほうが手返しがよくなりますからおススメです。
沈木や岩積み、切り株やウィード等々が攻めやすいかもしれません。
水路に点在する土管の奥とか、コンクリート壁の割れ目とか、浮きゴミの下のバスにも効きそうです。
いきなりホグに登場されたらびっくりしそうなシチュエーションは全て試してみる価値がありそうですね。

ホグで使うテクニック

非常に水面で跳ねやすい形状なので、スキッピングで使ってみてください。
それからサイトフィッシング、これもホグに向いています。
丸見えのビッグバスを見つけたら気づかれないように後ずさりします。
ゆっくり屈んでサイドキャストかスキッピングで見つけたバスの口元辺りへホグをキャスト。
着水してもすぐにアクションを入れないでください。
しばらくそのまま。
ラインだけを見つめてください。
急にラインがピンと張れば、バスが咥えたサイン。
でもすぐに吐き出しているかもしれませんから、まだフッキングはしないように。
ラインがたるんで、またピンと張って。
それを繰り返しているうちに深場のほうへ向かってラインが走ったら、思いっきりフッキングをしてください!
リールハンドルを早めに巻いて、ラインのフケをとってからフッキングできれば、ほぼ完璧にフックがバスの分厚いアゴを貫くでしょう。

このルアーの使いやすさ評価

初心者での扱いやすさ ★★★★☆
よく使う季節
使うテクニック シェイキング
こんな場所でよく使う 浮きごみ、ウィード

ホグのオススメルアー

Berkley(バークレイ) ルアー ガルプ!SWバルキーホッグ3 GSBH3-AKG
Berkley(バークレイ)
売り上げランキング: 55,233
Berkley(バークレイ) ルアー ガルプ!SWバルキーホッグ3 GSBH3-CPGF
Berkley(バークレイ)
売り上げランキング: 44,381
ダイワ(Daiwa) ルアー ラトリンチューブホッグ 3.2 グリパンブルークロー 055345
ダイワ(Daiwa) (2015-09-28)
売り上げランキング: 14,891