「パドルテール」はフックの付け方で小魚にもザリガニにも変身できる

パドルテール
実はパドルテールもグラブの一種なんです。
イモムシボディにビーバーの尻尾みたいな平たいパーツが付いています。
これがひらひら動くことによる生命感でバスを誘うわけですね。
どのようなケースで使うと効果的なのか?カーリーテールとの違いは?等々、
詳しく説明していくことにしましょう。

パドルテールの使い方

テキサスリグやラバージグのトレーラーとして使います。
シャローのカバー周りや、カバーの中を直接狙います。
カーリーテールだとカバーに付着してしまい、根がかりの原因になることもありますが、パドルテールならスルスルと通り抜けて出てきてくれますから、大胆に攻めることが可能なんです。
また尻尾部分は薄くて浮力がありますから、シェイクしなくても勝手に動いてくれますし、平たい面を
タテに付けたりヨコに付けたり、リグのやり方を変えることで、ルアー自体の動きにも変化をつける
ことができるんです。
例えば、魚っぽく見せたいなら、尾ひれをイメージしてパドルテールをタテにして付けます。
ザリガニをイメージしたいのなら、ヨコに付けます。臨機応変にその場の状況にあわせてルアーアクションを変えられるというのは、大変良いメリットだと感じます。

関連動画はコチラ

パドルテールをよく使用する季節

春から秋にかけて、捕食が活発になるシーズンで使いたいですよね。
小魚にもなりザリガニにもなるという二刀流タイプのパドルテールですから、水深の浅いところから深いところまで、広範囲をテンポよく探ってみるようにしてください。

パドルテールをよく使用するポイント・ストラクチャー

まだ枝や葉の残っている沈木などの複雑な構造をしたカバーを攻略するのに向いています。
当然目に見えるシャローエリアということになりますが、キャストしているうちにバスそのものを見つけてしまうことも。
そのときも落ち着いてパドルテールをバスの口元にプレゼンテーションできるように、キャストの練習を
日頃から怠らないようにしておきましょう。
アンダーハンドキャストやピッチング、フリッピングとの組み合わせで最強のルアーに変身してくれますから。
流れ込みや排水口、階段や堰堤などの人工物も攻める対象に入れておいてくださいね。

パドルテールで使うテクニック

キャストして着底、そこからズル引きがオススメです。
底の変化を感じながら、微細なバイトも逃がさない!
あなた自身の感度を上げる練習にもなります。
小魚が泳いでいるのが見えたら、底から跳ね上げて落とすボトムバンピングを多用してください。
スイミングはあまり得意ではありませんから、常に底を取ることを意識して使うようにしましょう。

このルアーの使いやすさ評価

初心者での扱いやすさ ★★★☆☆
よく使う季節 春、夏、秋
使うテクニック ズル引きボトムバンプ
こんな場所でよく使う 人工物、シャローエリア

オススメのパドルテール

メガバス(Megabass) ルアー DEEPCUP BEAVER 3in レッド/レッドフレーク
メガバス(Megabass) (2012-05-03)
売り上げランキング: 305,667
メガバス(Megabass) ルアー WESTERN DEEPCUP BEAVER 5.5inch ブラック/ブルーF
メガバス(Megabass) (2013-10-07)
売り上げランキング: 157,909
カハラジャパン(KAHARA JAPAN) ルアー KJパドル4 #7 ベビーバス
カハラジャパン(KAHARA JAPAN) (2013-12-02)
売り上げランキング: 442,021