「ストレートワーム」のワッキーリグは初心者必須のバスの釣り方

ストレートワーム
ストレートワームとはその名の通り、真っ直ぐで細長い棒状のワームのことです。
昔はミミズに似ているからミミズワームとか呼ばれていましたが、こんな背筋がビシッとしたミミズはいません。
そうなんです、この背筋をいかに柔軟にして、軟らか過ぎないような配慮も施して、研究をし尽くして現在の形にたどり着いています。
それでもまだ完成形とはいえません。
さまざまなメーカーが毎年のようにストレートワームの新作をリリースしているからです。
誰もが満足していない発展途上の人気者、それがストレートワームなんです。
ではなぜこんなに人気が出たのでしょう?
それは、ワッキーリグで釣る人が格段に増えたからに違いありません。
ストレートワームの真ん中辺りにマスバリフックやチヌ針を引っ掛けて、連続シェイクしながら誘うワッキーリグ。
とにかくめちゃめちゃ釣れてしまいます。
その秘密も含めて、ここではストレートワームについて解説しましょう。

ストレートワームの使い方

6インチくらいの長さのものが最も使いやすいですよ。
重さもあってキャストも楽チンです。
ストレートワームの真ん中ほどにマスバリフックを引っ掛けて、余ったラインにオモリをぶら下げます。
オーバーハング下やカバー周り、ブレイクラインの上下どちらにでも、シェイクしながら落とし込んでみてください。
シェイクし続けているので、バスがバイトしてきたらすぐに指先に伝わってきますよ。
ググッと引っ張られるようなバイトがあったら、ロッドをできるだけ高い位置まで持ち上げて、リールハンドルを巻きながらフッキング動作に入るようにしてください。

関連動画はコチラ

ストレートワームをよく使用する季節

これはオールシーズン有効です。
冷たい水温の季節でも、ストレートワームにだけは反応するケースが多々ありますし、温かい水温の季節なら尚更よく釣れます。
ワームのサイズやカラーをローテーションしながら、サイズアップを図ってください。

ストレートワームをよく使用するポイント・ストラクチャー

あまりに複雑なカバーだと、引きずりこまれたときにフックが引っ掛かってしまうおそれがあります。
そこでもし狙うなら、大きな岩とか丸太の幹とか、単調な形をしたストラクチャーを撃つようにしてください。
ものすごく釣れますので、大小さまざまなバスが食ってきます。
注意深くカバーから引き離す心の準備が求められます。

ストレートワームで使うテクニック

少し面白いテクニックをひとつご紹介しましょう。
なんの変哲もないフラットな底を攻めるための方法です。
本来真ん中に刺すフックの位置を、ワームの先から見て全体の4分の1の位置に刺すようにします。
これでシェイクすると複雑な揺れが発生し、より生き物に近い動きを演出することができます。
バイトが遠のいたときにぜひお試しください。

オススメのストレートワーム