簡単操作ですごいアピール力!クレイジークローラーは使いやすい

クレイジークローラー
ボディの左右に羽根が付いているトップウォータールアーです。
ヘドンを代表するルアーとしても有名ですね。
発売された当時の広告には、「びっくりして心臓が止まるかもしれませんのでご注意ください!」という宣伝コピーが書かれていました。
確かにクレイジークローラーを動かしていると思わぬところでバスが飛び出してきますからね。
本当に驚かされます。
でもそこがたまらない魅力でもあるんです。
クレイジークローラーの効果的な使い方を解説していきましょう。

クレイジークローラーの使い方

羽根が付いているからといって、セミや蝶やトンボをイメージしなくてもだいじょうぶ。
好きなポイントへどんどんキャストして、パタパタとクロールするゆっくりスピードで引いてみてください。
水をしっかり掴み剥がしていく作業は、攪拌と波を起こしてくれます。
これが効果的な水押し(=ディスプレイスメント)となってバスの意識を引きつけてくれるでしょう。
ステディリトリーブ、いわゆる等速スピード巻き取りが最もアピール度の高いアプローチとなるでしょう。
素早く巻いちゃダメですよ、食い付くタイミングをバスに与えてあげる!
この配慮が釣果をグンッと上げてくれるんです。
ときどきストップさせたり、強くジャークして羽根で水飛沫を上げるのもいいでしょう。

関連動画はこちら

クレイジークローラーをよく使用する季節

クレイジークローラーの後ろを追いかけてきてくれる季節ならOKです。
水温が高い春から秋がおススメですね。
冬も釣れないことはないですが、後追いが難しいケースがあるようです。
春はアフタースポーニング、つまり産卵後の体力回復荒食いを狙って投入します。
夏は梅雨時が日照の弱さを期待できるのでいいでしょう。
秋はバスが広範囲に散っているので、どこに居るか見つけるためにクレイジークローラーを用いるようにしてください。

クレイジークローラーをよく使用するポイント・ストラクチャー

浅いところでも深いところでも対応できる強みがありますが、なんといってもまずオーバーハング下へ放り込んでみてください。
陰に潜んでいるバスの頭の真上に落とし、パタパタと水をかき回したら反応せずにはいられません。
注意したいのは、放り込んだクレイジークローラーを沖に向かって泳がせるのではなく、岸沿いに引っ張ってくることを必ず実践してほしいのです。
バイトの数が倍以上変わりますから、岸沿いステディリトリーブを忘れないでくださいね。

クレイジークローラーで使うテクニックとは

ドライランドというテクニックを使います。
羽根が金属でできている場合が多いので、ガードの役割をしてもらいましょう。
クレイジークローラーを水にではなく陸地に乗るようにキャストしてください。
当然水面が波立つことはありません。
そこで少しだけロッドを動かして、ゆっくりクレイジークローラーを近くの水面に入れていくのです。
岸辺から入水するのですから、バシャッなんて音はしません。
それがビッグバスの警戒心を解き放ち、即バイトを呼び込んでくれます。
ぜひ一度お試しください。

このルアーの使いやすさ評価

初心者での扱いやすさ ★★★★★
よく使う季節 春、夏、秋
使うテクニック リトリーブ
こんな場所でよく使う オーバーハング、岸沿い

このルアーはこちらで購入可能

HEDDON(ヘドン) ルアー タイニークレイジークローラーX0320YRH
HEDDON(ヘドン)
売り上げランキング: 189,208
HEDDON(ヘドン) ルアー クレイジークローラーX9120GRA
HEDDON(ヘドン)
売り上げランキング: 212,698