「フロッグ」はリリーパッドや浮きごみ以外でも使いまくれる

フロッグ
中身が空っぽ、いわゆる中空になっていて、バスにかじられるとクチュッ!と潰れて針先が飛び出し、フッキングに至るというルアーのこと。
風貌がカエルに似ているからフロッグと呼ばれるようになったのか、投げ入れる場所がカエルだらけだからそう呼ばれるようになったのか。
実際はスナッグプルーフ社の製品辺りが語源だと思われるが、とにかくカバーに強いのが特徴で、バイトはめちゃめちゃあるのにフッキングに至らないケースがものすごくあるというのも、特徴かもしれませんね。
そういうフロッグについて解説したいと思います。

フロッグの使い方

複雑なカバーや濃いカバーを選んで、他のルアーではちょっと怯んでしまうようなポイントにどんどん
放り込んでいくのがいいでしょう。
もしそこにバスがいたら、初めて聞くルアーの着水音に興奮し即応してくれる可能性が非常に高いといえるかもしれません。
オーバーヘッドキャストなら、フロッグが飛行している高さから水面まで高低差がかなりあるので、激しい水飛沫を上げることができます。
ヘビーカバーなら、突き破ることができるかもしれないのです。
ポイントに与える刺激は尋常なものではなく、カバーそのものも大変大きく揺らすことになるでしょう。
潜んでいたバスが気づかないはずはありませんから、すぐに真下へ寄ってきて、襲う対象であるかどうかの吟味に入ります。
そこですぐにはアクションを与えずにロングポーズ。
そうなんです!
フロッグの使い方の秘訣は、いかに変化が起きるまで待てるか?にかかっているんです。

関連動画はこちら

フロッグをよく使用する季節

カバーが水面に伸びてきたらフロッグの出番です。
ということは暖かい季節、春から夏にかけてがおススメの季節になります。
ライギョと棲み家が似てくるので、バス狙いなのに巨大ライギョと格闘!ということにもなりかねません。
充分注意して釣りをしてもらいたいのですが、もし万が一ライギョがかかってしまった場合、時間さえかければ体力を失って浮いてくれますから、それからロッドを立てて寄せても全く問題はありません。
歯が鋭いのでフロッグを口から外すときは、ライギョの頭と目を濡れタオルでくるんでから外すようにすると、ほとんど暴れないですよ。
試してくださいね。

フロッグをよく使用するポイント・ストラクチャー

あらゆるカバーへ投げ入れることを試してみてください。
ウィードベッド専用にする必要はありませんよ。
立ち木の間をすり抜けさせるのも得意ですから、ぜひ攻めてみてください。

フロッグで使うテクニック

スキッピングやハングアップオフなど、カバーに絡んだテクニックは全て使えるでしょう。
ひとつおススメがあります。
水面に!ではなく岸の上へ投げ上げて、そこから水中に落とすドライランド釣法が、このルアーに適しています。
陸にぶつけても割れませんし、入水するときの音も低く抑えられますからね。
ゆっくり湯船に足を入れていく感じで、フロッグを動かしてみてください。

このルアーの使いやすさ評価

初心者での扱いやすさ ★★★★★
よく使う季節 春、夏
使うテクニック カエルの動きに似せて動かす
こんな場所でよく使う リリーパッド、濃いカバー、普通なら攻めにくい場所

このルアーはこちらで購入可能